Rolling With the Punches The Allen Toussaint Songbook / Various Artists * 2012 Ace

Soul Compilation
  時は流れ、長年に渡って良い仕事をしてきた人が今年も来世へ旅立たれました。生活が身近な人でもないので悲しみに暮れることもないですが、普段聴く音楽で世話になってきたアラン・トゥーサンは功績を称えておきたい人。50年代から活躍するニューオリンズの偉大なピアニスト・歌手であり、ソングライター、プロデューサーや、アレンジャーとしても残した仕事の貢献度は相当なもの。60年代のニューオリンズの名作というと、必ず...

Get Down With James Brown: Live At The Apollo Vol. IV / James Brown * 2015 Polydor

James Brown
 緊急告知です。これは久々の大興奮、鼻血ブーッもの(←古い)。いつものように電車の中で安眠体勢に入ろうとした瞬間、お気に入りのアプリ“AWA”をスマホでいじってると、目を疑う瞬間が。J.B.のアーティスト・リストを新譜が出るわけもないのに眺めてたら、なんとあの幻とされていた1972年9月アポロ・ライヴの4作目がしれっとラインナップ! 危うく東西線の中で雄叫びをあげるとこでした。これは当時もリリース予定となっていた...

Nina Revisited: A Tribute To Nina Simone / Various Artists * 2015 RCA

R&B Compilation
 宿題山積みとなった12月もあと僅か、クリスマスも憂さ晴らしに呑みに行って電車を忘れ帰れなくなりさらに体力&財力消耗と悪循環に反省。2時くらいまで電車も動かせっちゅーの。もうエエのに今更やたらチャレンジングな業務となった今、試練はまだ続きそうな気配でなんとかやるしかない感じ。でも何だかんだいって音楽はよく聴いてますが、今年はストリーミング元年と言っていいほど勢いを増した年。ラジオのように流し聴いたり...

The Lost Motown Album / The Fantastic Four * 2015 Kent (Motown)

Motown
 なんじゃかんじゃといっぱい出て来て、ちょっとやそっとのことではビックリすることもなくなったリイシュー蔵出し関連。「もう蔵も空っぽやろ」と思ってたら、“そこらのブツとはちょっとちゃいまっせ”と出てきたのがファンタスティック・フォーのロスト・モータウン・アルバムでした。本来は1971年に発売が予定されていながらもお蔵入りとなったモータウンでの2作目が今年ようやく陽の目を浴びました。当時にシングル等で発売は...

Braxton Family Christmas / The Braxtons * 2015 Def Jam

10's Female R&B
 帰ってきました、ブラクストンズ! ブラクストン・ファミリーを追ったTV番組が全米で放映され脚光を浴びた5人姉妹でしたが、トニやテイマーに代表される低音ハスキーは好物だったので、これは嬉しい企画。しかも90年Aristaでシングル出したデビュー時の5人揃い踏みです。先にトニがデビューしてブレイクした後に出た、ブラクストンズの1stは3人組だったので5人組としては初のアルバム。すっかり熟女グループになっちゃったけど...

AWB / Average White Band * 1974 Atlantic

Funk
  この前、大友康平がディスコ・ミュージックについて語ってたのを何気に見てたのがやたら面白かった。ロック一筋の人かと思えば、元ドラマーだけあって、リズムの解説も結構分析していて、しゃべりも最高でした。ベードラで弾ませるのが好きってことで、ハウスっぽくなっていく4つ打ちになると嫌いっていうのは少し共感です。ディスコはメロディラインは極上で、歌詞は簡単明瞭なのがイイって力説してました。70年代のファンク...

Return of the Tender Lover / Babyface * 2015 Def Jam

10's Male R&B
 12月に入ってから連日の呑み歩き。もう財布がヤバくなリつつあるなか、知らん間にローンチされてたのがコレ。ベイビーフェイス!来ましたがな〜 予告通り! 正真正銘の単独新作です。コレは気合い入れて聴かなあきません。パフォーマーとしても、プロデューサーとしても面目躍如だった90年代から、なんにも変わってまへん。最高やがな〜と、べた褒めしたい内容です。なんといいますか、全国民・全世代が楽しめそうなターゲッ...

The Sound of Wilson Pickett / Wilson Pickett * 1967 Atlantic

Atlantic, Stax
 ソウルをムチャムチャ好きになってきた頃、アホみたいに聴き狂ったピケットの超優秀作品。キャリアの長いピケットで、名品が多い人ですが、どれかと言われれば鮮烈ピンクのThe Excitingかコレにとどめを刺します。ブルーのタイトなスーツをキメるピケットのジャケも最高。録音はマッスル・ショールズの聖地FAMEスタジオ。黒人も白人も日本人もヘチマも無いとフラットに音楽を聴いてるつもりですが、この濃厚な強烈シャウト・スタ...

Spotlight On / Maxine Brown * 1965 Wand

60's Soul
 小粋でスマートなアレンジを楽しませてくれるNY発信の60'sソウル・サウンド。ニュー・オリンズやメンフィスの土の香りがするサウンド比べると、ビッグ・バンドなんかも使った華やかでフォーマルな感じが魅力。ピカピカの革靴やハイヒールで歌ってそうな感じ。60年代のNYシーンをベースに都会的なアプローチで成功した代表的シンガー、マキシン・ブラウン嬢。キュートに、時にディープに、時にジャジーに、と艶のある歌唱で楽しま...

A Boy Like You / Various Artists * 2015 Warner

Golden Pops
  いよいよ表参道の世界最大の旗艦店もオープンの勢いに乗る“サンローラン”。創設者の映画も話題ですが、現在のデザイナー、エディ・スリマン氏も注目です。スリマンのロック・テイスト溢れるクラッシュやポール・ウェラーにも影響を受けたというデザインは、なんともクールで俄然注目です。ショップに行ったら分かりますが、ファットな人は着用しないでくれっとでも言ってるようなスタイリッシュな現在のラインは熱心なファンも...
このページのトップへ