New / Paul McCartney * 2013 Virgin EMI

Mainstream
   桜も咲いて、80年目のペナントレースも開幕! 栄光の巨人軍もドーム3連戦、勝ち越しで好スタートです。アンダーソンはええ買いもんですな〜 野球で去年、凄いと感じたのは田中のマーくんに、ある試合の始球式にてマサカリ投法で135Kmの速球を投げ込んだ63歳の元ロッテ大投手、村田兆治。現役さながらの速球も驚愕でしたが、音楽のほうで凄かったのは71歳のポール・マッカートニーです。全盛時に負けないクオリティの新作を...

Prince / Prince * 1979 Warner Bros

Groovy & Mellow
 なんとも素晴らしいのが絶賛発売中のスポーツ雑誌“Number”。なんと現在の長嶋茂雄氏と松井秀喜氏の対談インタビュー掲載です。長嶋氏の野球愛や哲学と、それを確実に理解している松井氏の師弟愛にも大感動です。巨人軍および野球界の名プロデューサーであったという松井氏の指摘には激しく同意です。プロである以上、お客さん=お金を払う人を楽しませてなんぼっていう考え方は、J.B.やプリンス、ミック・ジャガー、永ちゃんとか...

Gap Band Ⅳ / The Gap Band * 1982 Total Experience

Funk
 やたらファンクを聴きたおしてた頃、すぐにお気に入りとなったグループThe Gap Band。80年代前半の最盛期は次世代R&Bへの“繋ぎ”としても機能したような、ファンクながらモダンなアプローチも光る良曲を連打です。特に技巧派シンガー、チャーリー・ウィルソンは、ガイのアーロン・ホールが最も影響を受けたシンガーとしても90年代も脚光浴びまくり。よく聴いてると結局、スティーヴィー・ワンダーに辿り着く系譜の人やと分かりま...

Celebrate! / Kool & The Gang * 1980 De-Lite

Groovy & Mellow
 ヒャー、ホーって感じでJTテイラーのように叫びたいのが、我が息子のこと。週始めの朝、息子よりLINEにて朗報が。要領の良い弟クンとは裏腹に、早くも人生に苦戦してる感アリアリの長男が高校受験、無事突破です! 私以上に集中力が無く、勉強も大苦戦だったもんで、よく乗り切ってくれました。なんとか公立だったので、それも助かりました。私立やと毎日、松屋でも行かなあかんかと覚悟してましたので〜 ここは長男お気に入り...

Between the Sheets / The Isley Brothers * 1983 T-Neck

Black Contemporaries (80's)
時代の流れを読むってのはビジネスに於いて重要なのは当たり前。ファッション・ブランドでもDNAを大事にしながら、毎回コレクションで新機軸をしっかり打ち出して進化して、さらに看板に磨きをかけています。音楽も同じで、ビッグ・ネームでも現在進行形で評価が高い人は、流行に呑まれること無く上手いことトレンドを取り入れ、しかも本質は失ってません。そういった意味ではストーンズや、このアイズレーズも同じ。80年代になっ...

Just A Hero / BOØWY * 1986 EMI

Beat + R&R
 歳も重ねると、知ってる人が亡くなっちゃうのが年々多くなるのは仕方のない事。最近も親戚のおばちゃんが亡くなって残念なことでしたが、「向こうには仲良しやったウチの婆ちゃんがおる」っていう発想で悲観せんようにしてます。音楽界も今年になって大瀧詠一氏が天に召されて驚きでしたが、80's世代にとって同じくらい感度が高い偉人やと思ってた佐久間正英氏が夭逝したのも大きな喪失。海外だったらプロデューサーといったら、...

Flashpoint / The Rolling Stones * 1991 Virgin

Rolling Stones
 やってきました、ザ・ローリング・ストーンズ! 19時東京ドーム、ヤンキー感満載のスカジャンで登場した白髪のキースが24年前と同じようにオープニング“Start Me Up”のリフを弾いた瞬間、鳥肌ゾゾーっの感動です。ステージを端まで走り、衰え知らずの声で完全にバンドを牽引した御歳70歳!ミックはやはり凄かった。しっかり煙草も吸ってナイスなプレイ連発だったロン・ウッド。ストーンズをストーンズたらしめる男、チャーリー...

Pure Dynamite! / James Brown * 1964 King

James Brown
 今週は長きに渡ってくすぶっていた某海外のビッグ・メゾンと交渉成立。銀座の某レストランで握手です。ウチのボードメンバーも数名来たので、はっちゃけられんかったけど。格子模様のコンペティターとのキワキワのせめぎ合いでしたが、土壇場で半沢直樹のような展開で勝利。やっぱ最後は人ですな。なんじゃかんじゃと本国からバイスプレジデントやら呼んでワケの分からんこと言うた甲斐がありました。まずは主要2都市でデビュー...
このページのトップへ