Here's Little Richard / Little Richard * 1957 Specialty

50's Pioneers
 ソチ五輪も閉幕し、なんとなく寂しい日々。スノボのパラレルや、スキーのモーグルは本当に見応えありました。みんな、最高でした! 人気のフィギュアも今迄はあまり熱心になれなかったけど、今回は羽生君効果で見入っちゃいましたヨ。得点の基準は未だによくわからんけど。ドヤさ顔で頑張った今くるよ似の鈴木選手、最後の巻き返しで感動を呼んだ真央ちゃん、ベテランの高橋大輔選手、皆拍手です。しかし使用曲でケチがついた渦...

beauty and harmony / 吉田美和 * 1995 Epic Sony

Cool Groove
 歌謡曲からJ-Popって、いつしか言われるようになった頃、その象徴だったのがドリカム。そのビジュアルから、薄っぺらい売れ線狙いのグループと見た目で決めつけてました(←いっつも)が、名曲“サンキュ”やら“Love Love Love”を聴いてそんなアホなこと言ってられんようになった人達。そんな最中、技巧派ヴォーカリスト吉田美和が突如発表したのがこの1stソロ・アルバム。大々的に謳われてたのがデビッド・T・ウォーカー(g)、ハー...

Castles In The Sky / The Futures * 1975 Buddah

Vocal Groups
 寒いときにおでんを食うってのは日本人にとって最高の幸せ。ビール片手に、厚揚げ、大根、こんにゃく、鶏肉などに辛しを塗った、コノ上ない舌上のハーモニー。そんなおでんのような絶品ハーモニーを音楽で味わえるのがコーラス・グループ。テナーにバリトン、ファルセットが絡みあい、何声ものハーモニーにストリングスのええ出汁が合わされば、もう昇天です。テンプスに、デルズ、ドラマティックスと数多の名店あれど、75年に完...

Too Low for Zero / Elton John * 1983 Rocket

Mainstream
 またもや大雪、スケジュール混乱、売上ガタ落ち、靴は傷む、、、銀世界や〜!といって喜んでられん状況です。でも五輪の方では日本待望の金メダリストも誕生。19歳の美青年、羽生結弦がやってくれました。素人が見ても美しすぎるその演技に世界が魅了です。一昔前のアイドルみたいな小顔も綺麗で良いです。惚れてまいそうです。ココはソチのパウダースノーのようなホワイト・ジャケの、大御所エルトン・ジョンが放った80年代の金...

Pass It On / The Staples * 1976 Warner Bros

Vocal Groups
 緊張感を持ったファンキーなグルーヴに、とろけるようなラヴ・ソングを70年代中心に多数送り込んだカーティス・メイフィールド。中でもアレサ・フランクリンとのコラボレーションは最高峰といえる絶品の作品でしたが、ステイプル・シンガーズ改め一時期ステイプルズと名乗ってた頃のコラボもグレードの高さで負けない秀作。スタックス時代に単なるゴスペル・グループからメッセージ性を持ったヒットメイカーへと成長したステイプ...

There'll Come A Time / Betty Everett * 1969 Uni

60's Soul
 しつこくシカゴ・ソウルと、オリンピックな日々。関東も会社からスノボで帰れそうな程の大雪で、商売あがったれながらなんとなくワクワク感も。ウチの会社の役員も仕事でソチ入りと羨ましい限り。(←趣味でたまに雑誌にも登場のソウルなオヤジ) そんななか聴くのは、1時を指す時計に早く寝なきゃダメよと微笑むベティ・エヴェレット嬢。といっても元々はミシシッピーの出身ながら、活躍の場は正にシカゴ。“ブルースなんて本当...

Mr. Excitement! / Jackie Wilson * 1992 Brunswick・Rhino

60's Soul
   ドラえもんの世界であったような便利さが現実になってきて、スマホに毎月何千円も払う現在、ダウンロード文化が進んだ音楽も昔ほど商売にならんみたいです。全てはネットで事が済んじゃいますもんね。でも便利なようでいらん事が増えたような気も。TwitterやらLineやらの言葉の暴力で人が殺される時代。言葉って顔が見えないと鋭角化しますもんね。あ〜こわ〜 また情報も紙媒体からすっかりネットになり雑誌も休刊の嵐。し...

People Get Ready / The Impressions * 1965 ABC

60's Soul
 来てるのか!?シカゴ・ソウル。日本橋・丸善に立ち寄ると、ウィンディ・シティ、シカゴに特化したソウルのムック本が売ってて2秒で購入決定。果たして全国で何人、買うのか分かりませんが何とも喜ばしいコトです。黒人比率の高い都市、シカゴ・ソウルっていうとジャッキー・ウィルソン、タイロン・デイヴィス、ジーン・チャンドラーとか名シンガーを数多く輩出してますが、ビッグ・ネームとして避けて通れないのがカーティス・...

Ziggy Stardust / David Bowie * 1972 RCA

Roots Rock
ファ〜イヴイヤ〜ズ♪っと口ずさんでも何が変わるわけでもなく、オッサン独り身生活も5年目に無情にも突入。マグロ漁船でも、もう帰してくれるぞっ。完全母子家庭状態の我が家にも申し訳ないと思いつつ、東京でエエ仕事しすぎたとポジティヴに思考転換です。ココは「5年間」をシャウトした、美しきロックン・ローラー、デヴィッド・ボウィ。何年も聴いてませんでしたが、ちょっと聴いてみました。 そんなことで10代の時に聴いたロ...
このページのトップへ