Such A Funky Thang! / 久保田利伸 * 1988 Sony

90's Male R&B
 80年代、ライオネル・リッチーが“Hello”や“Say You, Say Me"を歌い出した頃。チャートもんしかブラック・ミュージックを知らんかったので、あまりワクワクすることが無くなり、兄貴が買ってきたフレディ・ジャクソン等にも無反応。その後、グッと現行モンがエキサイティングなもんに感じたのは思えばやっぱニュー・ジャック・スウィング(NJS)以降。何せアリオリのいたテンプスまでやってましたから。それまでのブラコンにヒッ...

Age Ain't Nothing But A Number / Aaliyah * 1994 Jive

90's Female R&B
 “年齢など単なる記号にすぎないわよ!”と15歳でデビューして、22歳であっちゅうまに天国へ行っちゃったアリーヤ嬢。別に少女趣味があるわけやなかったのですが、すぐに気に入った人。同時期に出てきたモニカやブランディと共に華々しい90's R&Bを担ってくれてたのがこのお嬢ちゃんでした。登場時にタニマチとしてついていたのがジャケにも背景にうっすら映るR.ケリー氏。さしづめ小室&朋ちゃんみたいな公私共に蜜月の関係で結婚...

R.E.D. / Ne-Yo * 2012 Motown

10's Male R&B
 この前、息子達に嵐、Kis-My-Ft2、ファンモンやらをリクエストされ録音してあげたのですが、こういう時にクラウド利用は非常に便利。遠く離れててもMP3化したもんなら楽勝です。しかしながら、ジャニーズ系はハウス~ユーロの流れが再び支配的な現行R&Bの影響下のイケイケの歌の多いこと。オッサンのくせに、ちょっと気に入った歌もありましたが、こうもテンポの速い四つ打ちバスドラ&洪水のようなシンセ・サウンドを立て続けに...

Don't Sleep / Full Force * 1992 Capitol

90's Male R&B
 80~90年代、ファンク&ソウルにヒップ・ホップの要素を分け隔てなく調理したドス黒い音を提示してくれたフルフォース。ジョージ3兄弟中心にプロデュースにバンド活動に大活躍でしたが、自分にとって特別な存在となったのがJ.B.とのコラボ。レア・グルーヴ・ムーヴメントの中、再評価が高まったJ.B.を80年代に神格化させたのがフル・フォースとの「I'm Real」でした。過去の音の再生ではなくリアルタイムでのJ.B.を強烈にアピール...

Flying Funk / Various Artists * 2003 RCA

Funk
 激寒の大雪で喜んだのも束の間、媒体校正やら打ち合わせ中止など後にシワ寄せになりそうな状態に。道を歩いてもツルツルでお気に入りの革靴も傷みまくり。スキー板履いて家に帰ったろかと思うくらいでした。交通もヤバいので早く帰ってホームワークに切り替え。今の時代、何のファイルでもメールで送って確認できて便利な時代です。サクッとジャズ・ファンク聴きながら仕上げて間に合わせました。そんな事でグルーヴィーなこのコ...

Brother to Brother / Gino Vannelli * 1978 A&M

Groovy & Mellow
  凝ったアレンジや緻密なグルーヴ、テンション・コードの多用で都会的なグルーヴを醸し出してくれたジノ・ヴァネリ。アイドル的で男前な面構えですが、音はメチャ本格派。初めてコノ人のアルバム聴いた時、「角松敏生のルーツってこの辺なんか」と思っちゃいました。スティーリー・ダンほどヒネくれ感も無く、凄い演奏なのに程よくPopなのが憎いです。AORの傑作として有名なアルバムですが、70'sソウルの名作として聴いても何と...

Dionne / Dionne Warwick * 1979 Arista

Groovy & Mellow
 普段、AKBの文句を散々言っておきながら、同僚達に♪I Want You~と唄われてメロメロに。今週は騒がしい歌ばっか飲み会で聴いてるので家ではしっとり系です。上品なハスキー・ヴォイスとメロディアスなヒット曲の数々で長年エンターティナーの代名詞のように君臨するディオンヌのおばちゃん。ベタやな~って感じで敬遠する人も多いかもしれませんが、ベタな曲をクールに仕上げる喉力は天下一品。バート・バカラックと聞いて、真っ...

Royal Straight Flush Special / 沢田研二 * 1985 Polydor

J's Mainstream
 子供とのチャンネル争いの中、半分くらいは見れた年末の紅白。北島三郎と永ちゃんが一緒に出るごった煮感満載のプログラムってのは、やっぱ楽しいもんです。圧巻だった砂漠の熱唱のMISIAに、真のソウルを感じた美輪明宏のプロ意識の高い歌。半分素人みたいな人達も表舞台に立つ中、ひと際輝いてました。そんな紅白。自分が子供の時に見てた頃、やたら印象に残ってるのが血まみれの演出の中、退廃的な美しさで歌った当時の常連、...
このページのトップへ