GRRR! / The Rolling Stones * 2012 Polydor

Rolling Stones
 やきもきさせながらも見事、50周年結集を果たした地球最強のロックン・ロールバンド、ストーンズ。近々の音楽生活を充実させてくれたのは間違いなし! 本年の〆はやっぱこの最強ニュー・ベストです。今年後半にかけてアニヴァーサリー企画もんの発売続出で何やかんやと出ましたが、これはファンにとってお布施。(←会社の先輩にそう言われた) 仕方ありません。公共料金のように当たり前に献上です。またビル・ワイマンやミッ...

12-12-12 The Concert for Sandy Relief / Various Artists * 2012 Sony

Mainstream
 今年10月、ニューヨークなどアメリカ東海岸中心に猛威をふるったハリケーン“サンディ”。都市機能を停止させ多くの被災者を生んだ痛ましい自然の猛威でしたが、復興支援に立ちあがったミュージシャン達のチャリティー・コンサートがN.Y.マジソン・スクエア・ガーデンにて開催。今月12日に行われたものが、即発売されておりi-tunesでも2000円購入で1319円がロビンフッド基金に寄付されます。この辺の人道支援への迅速さは流石アメ...

The Singles Volume seven 1970-1972 / James Brown * 2009 Hip-O

James Brown
 週末は人の多いとこばっか出動してクリスマスを実感しつつもヘロヘロ。ちょっとしっとりクリスマスっぽいものでも聴いてみようかな~なんて、ソウル・バラッド「Santa Claus Is Definitely Here To Stay」を聴くつもりが、その前後に入った周辺曲を聴き込み興奮モードに突入してしまいました。お馴染みのこのシングル集7弾。60年代末期を収めた前作と同様、ファンク・マスターとしてのJ.B.としては最重要期をブチ込んだ70年代ア...

Sherrick / Sherrick * 1987 Warner Bros

Black Contemporaries (80's)
 年末が近づき仕事も何かしら慌ただしい状態に。とはいえ夜はフラフラ飲みに行ってますが、またセッションしたくなったので演奏できる飲み屋へ出動。得意の“Baby It's You”や“You've Really Got a Hold on Me”(←こればっか)をかました後、「Baby, I'm for Real」をこよなく愛し完璧に歌えるオーナーに感化されバンド・セッション。しかもシェリック・ヴァージョンで。他のお客さん無視に近い状態でマスターベーションしまくった...

New Life / Monica * 2012 RCA

10's Female R&B
 クリスマス・イベント連発の中、昨年の勢いも減退となり余計とクタクタに。そんな夜はバラードです。すっかり新人に関しては疎くなっている現行R&Bですが、90年代から活躍しているシンガーについては今でも気になる人が多いところ。中でも実力派モニカ嬢は無視できません。今年もレディ・ソウル勢は色々出ましたが、彼女も順調に6枚目リリースです。もう17年選手とベテランの貫録ですが、少女にしてデビューしたのでまだ32才。と...

R&B Divas / Faith Evans * 2012 E one

10's Female R&B
 知らん間に師匠も走りまくってますが、今年新作で聴いたのを振り返ってみると、ズバ抜けて良かったのがやっぱこの人、フェイス・エヴァンスを中心としたオムニバス形式の本作。普通のオーソドックスなR&Bに浸りたいって向きにフィットしまくる、何とも高品質なアルバムを送り込んでくれました。ダンス・ミュージックに特化した無機質なエレクトロ・タイプのR&BやHip Hopが幅をきかす昨今、オールド・ソウルや90's R&Bに慣れ親し...

Let's Get It On / Marvin Gaye * 1973 Motown

Motown
  飲み屋でマーヴィン・ゲイ・セッション。歌って弾いてゴキゲンさんになり、家でもしつこくマーヴィンさま愛聴です。70年代ソウルの最高峰的な1枚で、71年の名作「What's Going On」が社会的なテーマだったのに対し、こっちはセックスがテーマ。ピュアすぎる性格から私生活は波乱万丈となり、薬物依存やら女性問題とか色々あったようですが、苦悩の中で劇的に素晴らしい音楽も創り上げてます。スティーヴィー、ダイアナと並んで...

Live At The Roxy / Bob Marley & The Wailers * 2003 Island

Reggae
 うねるようなグルーヴに身を委ねる快感はある種、麻薬みたいなもん。聴いてると恍惚の表情でアッチの世界にいってしまいそうになるのがウェイラーズのバレット兄弟のベース&ドラムス。テンポが遅かろうが、たとえワン・コードであってもグイグイ食い込んできます。ニューオリンズ、ミーターズのアンサンブルや、緊張感溢れるJ.B'sのグルーヴも快感極まりない至福のものですが、ここで織り成されるウェイラーズの臨場感溢れるパフ...

You Wanted the Best, You Got the Best!! / KISS * 1996 Mercury

Hard Rock
 熱狂的なロック・ライヴを聴きたくなったらチョイスしちゃうのがキッス。地獄の軍団です。あ~こわ~、ってなことはなく意外と分かりやすいシンプルなロックン・ロールが基調なので軽快に楽しめます。全編興奮の名ライヴ盤は幾度と無く愛聴してますが、それから漏れた曲や続編ライヴなどから編集されたライヴベストというので借りたのがコレ。気持ち良さに主眼を置いたアホみたいな痛快ストレート・サウンドに、ファンタジーを味...
このページのトップへ