FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (89)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
12 ≪│2011/01│≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.01
24
Category : Mainstream
Theme : 洋楽CDレビュー
Genre : 音楽
rod live



 熱心に聴いたロッド最後のアルバム。この後の“ボディ・ウィッシーズ”に失望し、古い録音のマーキュリー時代やフェイセズに遡って傾注しましたが、ココまでのロッドはやはり無敵。若いだけあってこのソロ初ライヴ盤でも高い声もバッチリで張りがあります。さてこの2枚組ライヴ。CDになってリトル・フィートやパーラメントのライヴ同様に、強引に曲を削った短縮1枚モンとなってずっと出てましたが、なんとi-tunesでExteded Versionなる拡大最強版を発見。やっと元の形でも買えるようになって万々歳です。LPの時に削られた2曲はよく聴いてた曲だけに腹立ってました。しかも“パンドラの匣”とか他数枚も当時のシングル収録のライヴとかプラスしたExteded Versionに。これは侮れません。HMVとかでCDだけ見ててもアカン時代。どっかでアナウンスしてくれよ~といいつつもこれは嬉しい快挙です。
 内容は頭の当時最新ヒット「Tonight I'm Yours」から勢いよくスタートし代表曲をバランスよく配置。名曲「Tonight's The Night」や、ロッキンな「Hot Legs」、「She Won't Dance With Me / Little Queenie」、「Tear It Up」など快調に楽しませてくれます。観客が一緒に歌う感動的な名スロウ「You're In My Heart」、「I Don't Want To Talk About It」は今聴いてもグッときます。またマーキュリー時代の「Gasoline Alley」、「Maggie May」、「Sweet Little Rock And Roller」あたりもウッディ不在ながらジム・クリーガンの頑張りでなかなかの味わい。ジェフ・ベック・グループ時代のブルース・ロック「Rock My Plimsoul」まで演っていて正に集大成的な内容です。そしてCD化の際、オミットされてた2曲は、プラターズのカヴァー「The Great Pretender」と「I Guess I'll Always Love You」。後者は後に出たBOXセットでスタジオ録音のネタあかしがありましたが、2曲とも出来が良かっただけに喜びひとしおです。また「Da Ya Think I'm Sexy?」や「Passion」ではセクシーなロッドも楽しめ最高です。本編最後のフェイセズ時代の代表曲「Stay With Me」ではティナ・ターナー&キム・カーンズも参加し圧巻の盛り上がり。そしてi-tunes版での注目追加曲はパンドラの匣から「GI' Me Wings」、明日へのキック・オフ収録のルーサー・イングラム・カヴァー「(If Loving You Is Wrong) I Don't Want to Be Right」、トゥナイト・アイム・ユアーズのR&R「Tora, Tora, Tora」に加え、何とマーキュリー時代の傑作でフェイセズの18番でもあった「You Wear It Well」。どれも快調なパフォーマンスですので、拡大版での押さえが必要です。
「知らん間に充実したラインナップの旧作群。気持ち複雑ながら、バラ売り可能な配信も親切でありがたいもんですわ」
::more