Let It Bleed / The Rolling Stones * 1969 Decca

Rolling Stones
 もうええ加減、見んからやめたろっと思ってると凄いモノを放送するWowow。こないだ放映された「ロックンロール・オブ・フェイム25周年コンサート」は見応えありました。スティーヴィー・ワンダー、スモーキー、スティング、ブルース・スプリングスティーン、ジョン・フォガティ、ビリー・ジョエル、ジェフ・ベック、バディ・ガイ、ダーレン・ラヴ、サム・ムーア、オジー・オズボーンと錚々たる面子でしたが、久々にロックのスリ...

The Goldwax Story Volume 1 / Various Artists * 2001 Kent

Southern & Deep
 サザンソウル熱が出てきた時の劇薬ともいえるゴールドワックス音源。普通はベンザ系のスタックスあたりの音源を常備薬にしてますが、ロキソニンでも効かんって時はコレです。60年代メンフィス発サザンソウルの桃源郷みたいなレーベルで、濃いラインナップにディープな録音は圧巻です。最近はさらに深いリイシューが盛んですが、いまやi-tunesでもゴールドワックスの代表曲が手軽に買える時代。ほんまに便利な時代になりました。...

Soul Christmas / Various Artists * 1968 Atlantic

Atlantic, Stax
今年も家ではデーモン小暮の悪魔ネタなみに「サンタはホンマにおる」と言い張ってますが、子供も気付きながらもノッてくれてます。近年ではプレゼントも子供自身で勝手にチョイスしていて「サンタのおっさんに、また電話しとくわ」とかいってもウンウンと頷いてます。まだ子供のプレゼントは可愛い買いモンでよいのですが、大人の世界は質素な状況。今年も仕事では沢田知可子&辛島美登里さんなんかも招いてクリスマス・イベントや...

The Rod Stewart Sessions 1971-1998 / Rod Stewart * 2009 Rhino Wea

Roots Rock
 ロッド・スチュワート・ファンには垂涎のブツがマーケットに投入されました。倉庫に眠っていた未発表テイク集ですが、なかなか刺激的なモノ。かといってオリジナル・アルバムを通過してない人にとっては、しょーもない未完成テイク集って感じで映るかもしれんアルバムですが、黄金時代を聴き漁った人にとってはたまらんブツですわ。やはり80年代前半までの球速160Kmを誇っていた時代のロッドはやはり無敵でした。 まずはUKマー...

RESPECT! / Various Artists * 2000 Polydor

Man's World
 イマーノ先生が星になっちゃって早半年。徐々にシーンで不在感を感じるようになり、やはり寂しく感じます。敬愛されリスペクトされるミュージシャンだったからこそ成し得たコラボ企画も生前時から多数あって、多くのアーティスト参加のお祭りライブイベントでも常に中心の存在となって楽しませてくれました。新世紀以降の企画モンでは、ナニワサリバンショーと並んで印象的だったのが30周年の武道館ライヴ。ついこの前やったよう...

Car Songs Of The Years / 奥田民生 * 2001 Sony

J's Mainstream
 “車に乗らないとイケないわけではないぜイェ~、だけど好きなんだ♪”と流れる車の保険のCM。楽しそうにドライブするあのCM、最高です。カーシェアリングとか、車離れとかみみっちいNewsが多い昨今、最近では一番の優秀なコマーシャルやと思います。なんぼ貧乏になろうとも車に乗ったるでという気にさせてくれます。何せ免許とった時から車で爆音聴きして快適にドライヴするってのが大好きでその快感は今も何ら変わりございません...

Sweet Rhythm / Various Artists * 2009 Victor

R&B Compilation
 凡庸の日本産ブラック・テイストと一線を画したオムニバスの登場です。MD時代、車で爆音聴きするためにシコシコ借りてきて作ったような感覚も懐かしい、快挙レーベル超え編集も◎。今時、本場モンとはかけ離れたR&Bもどきと揶揄するアホな人も殆どいないと思いますが、ブラックミュージックを並列で聴けるようになったココ10数年の良質日本産トラックを集めてくれてます。SonyのSmoothシリーズ以来のええコンピですわ。要はUS産の...

The Point Of It All / Anthony Hamilton * 2008 Arista

00's Male R&B
いくら実力があっても商売にならんかったら、すぐにメジャー落ちしてしまう厳しき音楽業界。ほんまに素晴らしいアルバムやったのに1枚だけ出してインディー活動って人がほんまアホほどいます。ダウンロードミュージックの浸透で良くも悪くもエエ音楽が身近になりましたが、その影響で市場規模縮小も必至。そんな中、こんな濃いシンガーがメジャーからアルバムを出し続けているってのは稀有かつ驚異です。それがアンソニー・ハミル...

In A Perfect World... / Keri Hilson * Interscope 2009

00's Female R&B
 有名なソングライターチーム“The Clutch”のメンバーだったケリー嬢。ブリトニー・スピアーズからクリスタル・ケイまでソングライターとして曲提供してきた才女ですが、念願だったというソロデビューが叶ったのが本年話題となった本作。延期に次ぐ延期で案の定デビューできずと思いきや、やっとこさホンマに出てきたのが今年。後押ししてたティンバランドも一安心ってとこやったでしょう。しかしながら、どうやこうや言う前にコノ...
このページのトップへ