Only Built 4 Cuban Linx... / Raekwon * 1995 Loud

East Coast
 今年、本作と同じジャケ・ポーズで続編をドロップしてくれたレイクォン・ザ・シェフ。ビカビカに輝きまくる、このソロ・デビュー作も改めてクローズ・アップされ嬉しい限り!90年代半ばのRZA率いるWu-Tang一派っていえば、バース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発を彷彿させる神がかり的展開で、黒音ファンを熱狂させてくれました。本隊のアルバムに続いた、各自ソロ・アルバムでの波状攻撃はどれをとってもガッツポーズ連発...

The Main Ingredient / Pete Rock & C.L. Smooth * 1994 Elektra

East Coast
どう考えても素晴らしすぎる90年代前半~中盤のHip Hop。輪島塗の職人が手掛けたような丁寧につくり込まれた逸品モノ連発でございました。ジャズ、ソウルのサンプリングによるブレイク・ビーツ主体のHip Hopの到達点みたいな作品がとにかく目白押しなのがコノ時期。DJプレミアやRZAに、このピート・ロックあたりが突き付ける神がかり的な超クールな音づくりに毎回震えまくりでございました。今の色彩感覚豊かな音でイイものもあり...

Four & More / Miles Davis * 1964 Columbia

Modern Jazz
 予測不能のカウンターパンチをバシバシ浴びたい時などは、やっぱりJAZZ。冷や汗が出るほどの緊張感が快感極まりないマイルスですが、暴走機関車の如くぶっ飛んだ演奏が聴けるのがこのライブです。張り詰めたテンションの中で、「喧嘩売ってんのか?」というような凄まじい音像が爆裂。メンツはピアノにハービー・ハンコック、ベースにロン・カーター、テナーはジョージ・コールマンですが、最初に喧嘩を売りだすのが紛れもなくド...

Our Man In Paris * Dexter Gordon * 1963 Blue Note

Hard Bop
 ぶっとい音での武骨なブロウが、いつ聴いても胸の奥底にある男気スイッチをOnにしてくれるデクスター・ゴードン。“チンチンついてるからにはテナーはこう吹かなあかん”とでも言ってるような音色は、豪快でホンマかっこええです。結構、好みの作品が多い人ですが、「あ~チュニジアの夜が聴きたいっ」と思う時、真っ先にチョイスしてしまうのがデクスターの本作。50年代は麻薬に溺れてヘロヘロやったのに、60年代奇跡の復活を果た...

Propositions / Bar-Kays * 1982 Mercury

Funk
 セクシーな黒人女性にパールネックレス。ジャケだけで“よっしゃ~”って感じですが、スタックス時代からナイスなファンクを連発してたベテランの80年代初期の作品。アレン・ジョーンズのプロデュースで秀作連発時期の1枚です。ラリー・ドッドソンの黒く下品なヴォーカル中心にカメレオンのようにブラック・トレンドを巧みに取り入れ、時代背景に合わせた驚異の生命力で生き続けるチームです。パクリの名人集団と揶揄されることも...

The Definitive Collection / Lionel Richie * 2003 Motown

Black Contemporaries (80's)
 オッサン連中にもおもろい企画であるダウンタウン「HEY!HEY!HEY!」の“今聴きたい名曲”ってコーナー。連日の飲み会で見れんかったので今週分を今日見ると何とライオネル・リッチーの登場です!とんねるず石橋のライオネル・リチ男ではなく本物です。思わず興奮してしまいました。何せベストヒットUSA時代、大好きだった80年代の超大物です。登場だけでビックリでしたが、大ヒット「Say You, Say Me」を昔と何ら変わらん歌声で唄っ...

Free Style Vol.1 / Various Artists * 2005 Universal

Hip Hop Compilation
 「キング・カズが現役であり続ける限り、俺もやるで」と言い放つサッカー狂の友達がいて、今年も社会人リーグでバリバリやってますが、その精神には敬服です。高校時代、弁当一緒に食ってて卵焼き取っただけで3日も口きかんかった短気な奴ですが、引っ越した今もなぜか近所にいて飲み仲間。子供のサッカークラブ通いを聞くとプレステのウィニングイレブンを各ヴァージョン10種類も貸してくれる熱い男です。ここは彼に敬意を表し...

Blue Streak / Music From Motion Picture * 1999 Epic

Hip Hop Compilation
 たまにオッと思う映画を流してくれるKBS京都。この前、マーティン・ローレンスのアクションもたまらん10年前の映画、「ブルー・ストリーク」を放送してくれました。やっぱこの辺のドタバタ・アクションは理屈抜きに楽しませてくれます。話のほうは宝石泥棒がひょんなことからロス市警の刑事になり、難事件を解決していくっていう、現実ではありえん展開ながらテンポの良さで魅せます。この辺の映画は、な~んも考えんとボケーっ...

Marvin Is 60 ~A Trbute Album~ / Various Artists * 1999 Motown

R&B Compilation
 マーヴィン・ゲイが死んじゃってもう25年にもなりますが、もし生きていたら今年で70歳。遺作となった「Midnight Love」を聴く限り、間違いなく80~90年の打ち込み化したR&Bでも大活躍していたことは容易に想像できます。セクシャル・ヒーリング・クラスの革命的名曲があと何曲も聴けてたのにと思うとホント残念でなりませんが、90年代の1線級アーティストがアップデイトさせた音でカヴァーしてくれたのが生誕60年時の本作。色々...
このページのトップへ