Donjuan Live / 萩原健一 * 1980 Bourbon

Man's World
 昨晩の堺正章の「チューボーですよ」に突然登場し、復活の狼煙をあげたショーケン。全国1000万のショーケンファン、一斉にガッツポーズです。今秋公開映画、小栗旬主演の芥川龍之介インスパイア作「TAJOMARU」のプロモーション兼ねてってことみたいでしたが、バンド時代の先輩・後輩って間柄でもあるマチャアキの巧みな話術の導きで、81年日劇での裕也さんとの衝突事件話や、マチャアキとのコントまで披露してくれた至福の30分で...

Bedroom Classics Vol.2 / Peabo Bryson * 2004 Elektra・Rhino

Black Contemporaries (80's)
 安定感抜群の激ウマシンガー、ピーボ・ブライソン。完璧すぎてスキが無いってとこが憎たらしいくらいです。大ヒットしたディズニー映画アラジンの主題歌をレジーナ・ベルと歌ったりしてましたが、あまりに美しいメロディに、汚れきった私など「コレは俺が聴いてはいけない音」と思い、当時流行ってたパチンコの名機“アレジン”のほうに私は走っていきました。正直、何の変哲もないポピュラー寄りのバラディアーやと思ってましたが...

Face 2 Face / Babyface * 2001 Arista

00's Male R&B
 この人の作ったモンなら間違いないっと盲目的に信じるほど、90年代快進撃だったベイビーフェイスことケネス・エドモンズ。天才的なソングライティング&プロデュース能力は「ヒット請負人」として彼方此方で引っ張りダコでしたが、今も活動は派手ではないですがスモーキー・ロビンソンに代表されるポップ・ソウルの良心を受け継ぐ存在やと信じてます。何せ、その品質の高さゆえ人のプロデュースから自身の作品まで気になってしゃ...

Juicy -Phat & Mellow Cuts- Orange / Various Artists * 1998 Wea

Black Contemporaries (80's)
 夏も後半戦。しっかり冷房の効いたエエ店で、美味いお酒を片手にゆったりと聴きたいアーバンでブラックなサウンドです。敬遠する向きが多い80年代のブラック・ミュージックでも、美味しいとこだけを選りすぐってくれたナイスなコンピレーションがこのジューシー・シリーズ。かくいう私もオン・タイムでは打ち込みが幅をきかしたブラコン系は最初認めず、「セクシャル・ヒーリング」やプリンスなんかの例外を除いては理解を示さな...

Time / Electric Light Orchestra * 1981 Sony

Mainstream
 何やかんやと黙ってTV見ててもBGMでしょっちゅう流れるE.L.O。それだけキャッチーで耳触りがいいんっすよね~。ザナドゥからRock'n Roll Is Kingまであたりは大好きで(っていうかそこしか知らん)、ついつい図書館にてボートラも入ったしってことで数十年ぶりに本作をレンタル。ここ数年、R&BとかHip Hopでもオートチューンなる新兵器によるロボット声が大流行だったので、ジェフ・リンのヴォコーダ声も新鮮です。当時はシンセ...

Coda / Led Zeppelin * 1980 Atlantic

Hard Rock
 エレクトリック・ギターのパイオニア、レス・ポール氏がお亡くなりに。レス・ポールっていえばただのギター開発者じゃなくてメリー・フォードとのコンビでヒット曲も出していたミュージシャンですので、実家には親父所有の古~いアナログ盤があったりもしますが、殆ど聴いたことありません。といったことで、本人の音楽に関しては無知で申し訳ないのですが、私等世代にはやっぱギターモデルとしてのレスポールがあまりに有名です...

Natural High 3 / Various Artists * 2003 Warner

Groovy & Mellow
 避暑を求めワクワク感満杯で無人島遊泳へ。すっかり気分は黄金伝説のよゐこ濱口で向かいましたが、結構人も多く泳ぎにくる人気スポットで単なる“海の家”の無い島でした。しかしやっぱ夏は海。水遊びして、うに・イクラ丼食って大満足です。最近は台風やなんやかんやでスカッと晴れません日もありましたが、夏らしい強い日差しが出てくると「おおっ!」とテンション上がります。そんな夏遊びの後、ヒリヒリした肌に馴染ませたいの...

Live At Chastain Park / James Brown & The Soul G's * 1988 Charly

James Brown
 暑さが増してきて冷房のガンガン効いた場所と、外と行ったり来たりすると順応力の弱い私などすぐに体がおかしくなっちゃいます。そんな時は熱いもん食ったり、風呂入ってしっかり汗かいたりすると幾分マシになったりしますが、無理矢理、汗をかこうするならばもってこいのライブ盤があったりします。それが、このJ.B.のアトランタでの熱い記録。録音は80年代半ばで、全盛期とちゃうやないかいってツッ込まれそうな時期ですが、「...

Skin Tight / Ohio Players * 1974 Mercury

Funk
 夏だ、ファンクだ、脱ぎたいぞ!(←意味不明)ってことで、やっとこさ長かった梅雨も明け、思わずまとわりつく服を脱ぎ捨てたくなる季節の到来です。ここはジャケからして1枚1枚素晴らしい肌露出系のエロ・アートで一世を風靡した、オハイオ・プレイヤーズです。同郷である80年代の灼熱ファンカー、ロジャーが常日頃から「すごい、すごい」と事あるたびにリスペクトの念を言葉にしていたバンドが、このバンドです。90年代にファ...

Cocktail / Original Motion Picture Soundtrack * 1988 Elektra

Mainstream
  暇を持て余してた時期、ラジカセ持っていった浜辺でダラダラ過ごすってことをよくしてました。今から思うと何て平和な日々やったんやとつくづく感じます。なんせ携帯もアホみたいにデッカい時でしたから、貧乏な我々仲間内も誰一人所持してる奴はおらず、何処いってもノンビリ過ごせたもんです。そんなとき砂まみれのラジカセでよ~く鳴らしてたのがこのサントラ。ほんま一時、なんやゆうたらこのサントラかビーチボーイズのベ...

Subway Express / 矢沢永吉 * 1998 EMI

J's Mainstream
 日本の誇るハーデスト・ワーキング・マンも昨年は充電でしたが、今年はNewアルバム発表、ライブと精力的な活動再開。NHK Songsにも登場し衰えぬ矢沢節連発で最高です。最近のサプライズはシークレットゲストとして登場した野外ライブap bank fes’09への参加。小林武史やミスチルの櫻井和寿のbank Bandをバックに(←これも凄い!)名曲「Yes My Love」や「止まらないHa~Ha」、スロウ傑作「いつの日か」で共演し、永ちゃん目当て...
このページのトップへ