町を見下ろす丘 / エレファントカシマシ * 2006 EMI

Man's World
 巨匠、泉谷しげるにして「常に嫉妬させられるバンド」と言わしめたバンド、エレファントカシマシ。かつてのロックが持ってたスリルとか狂気と共にリアルなメッセージを伝えてくれる、嘘っぽさが少ない数少ないバンドです。特にVoの宮本浩次の常人やない目つきと絶叫型ヴォーカルは存在感抜群で、独特の世界観を伴って実に魅力的な世界を醸し出します。ここ数年の新しいロックは積極的に聴いてないだけで知らないだけかもしれませ...

Wednesday / 尾崎豊 * 2008 Sony

Man's World
 Love Song Bestと副題についた新編集盤。自分にとってはかなりイイ線の選曲だったのとジャケも渋かったので思わず借りて久々に聴いた尾崎豊です。メチャメチャ好きな曲であった「太陽の破片」(←盟友・岡村靖幸のカヴァーも必聴)がアルバムに初収録ってのもポイント高しです。正直、熱心な信者でもない私が言うのも何なんですが、歌う度に魂を削るような絶唱を繰り返したロックンローラー尾崎はやはりカッコええ男でした。エエ...

パーフェクトワールド / すろーらいだーず * 2008 3d system

Man's World
 以前、休日のヒマでどうしょーもない時に何気に見たNHKのおやじバンドバトルの再放送。自分の同年代からシルバー世代まで楽しそうに演奏していて微笑ましい番組でしたが、ボケーっと観てると、途中で体に稲妻が走る瞬間が突然やってきました。それは中畑昌也氏が歌う「すろーらいだーず」の登場です。その演奏された曲は「だからBaby」。中畑氏渾身のVoが心に訴える感動の大傑作で、「こんな素人のバンドがあんにゃ」と驚愕でし...

ぼちぼちいこか ’08 フューチャリング 食いだおれ太郎 / 有山じゅんじと上田正樹 * 2008 fu-chi-ku-chi records

Man's World
 関西ミュージック・シーンの誇りであるサウス・トゥ・サウス、そして燦然と輝く数少ない関連音源。中でも屈指の名盤として今も売れ続けるのが「ぼちぼちいこか」です。関西以外の人からしたら全部一緒かもしれませんが、本当の関西弁のイントネーションまで歌に取り入れたストリート・ソングはこの「ぼちぼちいこか」以上のものはいまだに聴いたことが無いです。普通は歌にするとやや強引に関西弁の良さを捻じ曲げてメロディに乗...

Do You Still Feel The Same Way / Tommie Young * 1973 Soul Power

Southern & Deep
脱力系なんかとは対極にある歌い込み系のDeep Soul。やっぱ声張って全身で歌ってるってのはエエもんです。こっちも一生懸命、聴いちゃいます。70年代ソウルにはゴスペルをルーツに持つ歌がホンマに上手い女性歌手が沢山いますが、このトミー・ヤングもそんな中の一人。明らかにエタ・ジェイムスやアレサの流れにある歌唱をする人で、テキサス出身のこの人もなかなかの聴きごたえです。そもそも興味を持ったのは数年前の唯一の彼女...

Confessing / Various Artists * 2005 Grapevine

Southern & Deep
 カーニバルのような陽気なガンボ・ミュージックを連想するニューオーリンズ・ミュージックですが、バリバリのディープなソウルもぎょうさん輩出してるのがこの土地の奥深きところ。タイトルの副題にもある「Deep Soul From New Orleans」とあるようにニューオーリンズ産の泥臭きスロウを並べた濃いコンピです。メジャーな人からシングル残しただけで終わったような人等までチョイスで、どっぷりとディープな世界に浸れる仕組みに...

Live At The Moonwalker / The Legendary Meters featuring J.B. Horns * 1993 Lakeside

Funk
 市況悪化の中、業界再編があちこちで進み体力強化で生き残りをかけた企業間競争も熾烈になりつつあります。うちの会社も数年前ではありえない統合決行(現在婚約中)での規模拡大で乗り切る算段ですが、アナリストや顧客からも好意的に受け止められ一安心です。カラーの違うものが一緒になっても、なかなか上手くいかないケースが散見されますが、音楽界で有機的につわもの達が合体した好例がコチラ。なんと60~70年代にファンク...

New Orleans Party Classics / Various Artists * 1992 Rhino

Soul Compilation
 独特のスタイルで世界中の音楽ファンを魅了するニューオーリンズ産ミュージック。形成のルーツはやはりアメリカ開拓時代のフランス・スペインの植民地での黒人奴隷制から端を発するところですが、面白いのは南部でも海に面した湿地開拓都市だった為、アフリカンなところもカリブ海経由であった部分。その中でヴードゥー教の影響や、打楽器を活用した独自のスタイルが出来あがったらしいですが、即興演奏重視だったところはジャズ...

The Motown Anthology / The Elgins * 2007 Motown

Motown
 以前から60'sモータウン系のコンピレーションに数少ないヒット曲がたまに収録されていたThe Elgins。なかなか魅力的な声で、ヒッツヴィルサウンドに相性もよろしい紅一点女性ヴォーカル Saundra Mallett(←なかなかのべっぴん)が気になっていたので嬉しい単体アンソロジーでした。ライナーによると唯一のアルバム「Darling Baby」丸ごと収録&グループ初期の別名義曲、Saundraソロ曲とまさにElgins集大成的内容のお買い得盤とな...

The Man And His Music / Sam Cooke * 1986 RCA

60's Soul
 アメリカ大統領選は民主党のオバマ氏が感動的な勝利で終えました。アメリカ初の黒人大統領ということもあり歴史上でも画期的なことです。政治思想はともかく有色人種からの選出ってのが嬉しいやないですか。歴史的に見ると長年に渡って迫害されてきた黒人がアメリカの大統領です!まさに歴史的瞬間です。ぜひ人種の壁など関係なく、指導者として米国そして世界を平和に導く成功者として歴史に名を残して欲しいです。人種差別問題...

The Best Of Guru's Jazz Matazz / Guru * 2008 Virgin

East Coast
 「へっへっ、最近グールーのアルバム買いましてん」とポロッとこぼした若手スタッフ。「それは趣味がええな。よーしっ、ええから貸せ」と即持ってこさせました。そんな事で会社のヒップ・ホップ好きの連中から、コンプライアンス無視の優位的地位乱用でジャイアン的に借りている最近の音源。一応、「スタンプ制にしたるさかい、俺に貸したアルバムが5枚毎にラーメンおごったる」と迷惑そうなスタッフをなだめています。その中で...

Free Soul Mind / Various Artists * 1996 MCA

Groovy & Mellow
  日帰りでの信州出張。正直、疲れますが道中、山あいの景色を眺めながらうたた寝でのグルーヴィーな音楽は中々オツなもんでした。i-podで鳴らしてたのは、フリー・ソウル・シリーズ初期にコンパイルされたMCA音源の“知られざる名曲集”。ド真ん中ソウルではなく、ソウルっぽいジャズ・アーティストやポップス畑も含めてグルーヴィーで気持ち良かったら何でもアリの心憎い“フリー・ソウル”のポリシーは多くの支持を集め、楽しさ満...

Natural High 2 / Various Artists * 2002 Warner

Groovy & Mellow
  アーバン感覚の心地良いグルーヴを浴びるほど聴きたくなる時、最適なのがナチュラル・ハイ・シリーズ。たいがいの音楽ジャンキーやと思ってる私も、それは一般レベルの話。掘って掘って掘りまくったら何ぼでもエエ曲は存在しとるでと教えてくれたのが90年代のレア・グルーヴ・ムーヴメント。中でも再評価された70年代後半~80年代前半の腕利きミュージシャンによって録られた垢ぬけたグルーヴは格別で、本シリーズは有名無名問...
このページのトップへ