Rock And Roll Music / Elvis Costello * 2007 Universal Hip-O

New Wave + Punk
 ベストと共に調子に乗って「コステロをちゃんと聴くぞ」と意気揚揚に借りた編集盤。(←コンピの時点でOutか) 様々なジャンルで活躍するエルヴィス・コステロですが、「やっぱルーツはロックンローラーやで」って部分にスポットを当てて選曲されたもんです。同時に組まれた表ベスト盤同様、過去の音源がHip-O傘下に移って出されたもの。ここではジャムとかクラッシュとかに負けないパワー全開の曲が、アトラクションズとの合作...

The First 10 Years / Elvis Costello * 2007 Universal Hip-O

New Wave + Punk
  歯抜けでしか持ってないエルヴィス・コステロの初期アルバム(←しかもカセット)。ちゃんと1枚1枚聴けばええのに、あまりにカッコええジャケットに惚れぼれしてまたもや編集盤をレンタル。すぐにi-podにほりこむくせにジャケにこだわってしまう悪い癖勃発です。初期のパンクにも接近したジ・アトラクションズを従えたCoolで過激なコステロはやっぱカッコよろしぃおます。バディ・ホリーを彷彿させるセル・フレームのメガネをか...

BOLERO / Mr.Children * 1997 Toys Factory

J's Mainstream
 仕事場のみんなでスキーや海やって遠出するとき車中必ず「コレかけて~」とくるのがミスチルでございます。人の車に乗るのにわざわざMy CDを持ってきて道中で曲解説してくれる人や、勝手に思いを語りながら興奮して泣きモードに入る人などもいて、熱狂的ファンが多いことを身近で実感するバンドです。実は最初、「innocent world」やら流行った時もピンとこなくて、そんなに聴くことは無かったのですが、何やかんやとやたら聴く...

タイニイ・バブルス / サザンオールスターズ * 1980 Victor

J's Mainstream
 今や国民的ロックバンドとなったサザンオールスターズ。30周年となる今年以降は活動休止だそうで、それを宣言するとこがやや心配なとこです。素人っぽさが魅力だった初期に、TVにもガンガン出てハチャメチャなイメージとは裏腹にクオリティ・演奏力の高い楽曲を矢継ぎ早に発表し、評価も急上昇だった頃の本作はいまだに「10ナンバー~」と共にフェイバリットです。勝手にシンドバッド以降、小学生にも大人気だったサザンですが...

The Baddest / 久保田利伸 * 1989 Sony

J's Mainstream
 90年代N.Y.に音楽活動の拠点を移す前後から極上アルバムを必ず届けてくれる久保田利伸。しかしカラオケなんかでは、いまだに歌謡曲的親しみやすさのある80年代のデビュー当時の楽曲が圧倒的に歌われてたりなんかします。当時はソングライターとして田原俊彦なんかにもヒット曲も書いていて、ファンキーとか言いつつ個人的には「こんなもん、ファンクちゃうやんけ」と軽量歌謡ファンクと決めつけて理解を示しませんでしたが3枚目...

Kevin Michael / Kevin Michael * 2007 Downtown・Atlantic

00's Male R&B
 巨大なアフロ・ヘアーのジャケに一瞬で惹かれてしまったケヴィン・マイケル氏のデビュー作。このケヴィン氏、ファンク狂のブラックの親父さんとイタリア系のおかんの間に生まれたハーフらしく、ドス黒っぽくもありながら、スムーズなヴォーカルでポップな感覚をも絶妙なバランスで保持した期待の青年です。何でも親父さんがプリンス殿下のファンやったってこともあり、変態的ポップ・ファンク・テイストも身につけた上でディアン...

Tiffany Evans / Tiffany Evans * 2008 Columbia

00's Female R&B
どうしても止められんカワイコちゃんR&B。新発売のジュースを飲むとと同じ感覚でつい味わいたくなるってもんです。このティファニーちゃん、Ciara嬢の妹分ってな感じで堂々のデビューながら、本国アメリカでも振るわん戦績らしいですが無視するにはもったいないシンガー。唄い方がモロにビヨンセ調であったりもしますが、いいんです!可愛いから。まぁ何にせよ海の向こうの遠く日本で40前にしたオッサンに聴かれてるとはティファニ...

It's About Time / SWV * 1993 RCA

90's Female R&B
90年代前半のガール・グループ隆盛時、TLCと共に筆頭となったSisters With Voices略してSWV。躍動感あふれるキャピキャピ具合とリードVoのココの存在感抜群の歌唱で一躍トップグループとなりました。ニューヨーク出身のこの3人組は、当時まだ10代だったにも関わらずフレッシュさとキャッチーな曲の良さも手伝ってこのデビューアルバムからいきなり大ブレイクでした。NJSを通過しHip-Hopも視野に入れたイケイケ・サウンドは、乱...

Born To Sing / En Vogue * 1990 Atlantic

90's Female R&B
現行R&Bの夜明けの頃、彗星のように現れたアン・ヴォーグ。彼女らが私の女性グループ好きに拍車をかけたのは紛れもない事実で、全ての条件が重なったタイミングで出たマイルストーン的アルバム。まずプリンスやロジャー、フルフォースの尽力で打ち込みの音やHip Hop的手法もこなれてきて耳触りの良いものが増えた。T.ライリーのニュージャックスイング登場でビートが格段にカッコよくなった。そしてコレが出るちょっと前くらいから...

The Best Of Nolans * 2004 Sony

Mainstream
  一時期、こんなもん好きやったって口が裂けても言えんくらい思ってたノーランズ。実はダンシング・シスターのシングル盤など「擦り切れるほど聴いたってのはコノ事を言うんやろな」って感じるくらい聴きまくり口ずさんだ人等です。ロックやへちまやと言いだしてからはツレにも封印したくらいファンやった事が恥ずかしく思ったりしましたが、なかなかどうして。優秀なポップ・ソウルやったんやなぁと今更ながらこの美人姉妹に...

Anthology / Jackson 5 * 2000 Motown

Motown
 GWっていっても仕事してるような会社に勤務しとりますが、取引先も大半が休みってことで安堵の日々です。もう憲法でも子供でもみどりでも黄色でも何でもええし、もっと祭日つくってくれって感じです。少子化社会が会社の労務構成にも悪影響を及ぼし色んな場面で閉塞感に満ち溢れた世の中を形成しておりますが、子供の日や敬老の日のように各世代を敬うような休日があるならば、疲弊した今の時代。オッサンの日、おばはんの日や団...

Dave Godin's Deep Soul Treasures / Variousu Artists * 1997 KENT

Southern & Deep
 久々に仕事が早く終了し、飲みに行くでもなしってな時はついつい職場近辺のタワレコにふら~っと立ち寄っちゃいます。そこで見た「楽SOUL」なるイカツいソウル本。自分の愛聴盤が数多く紹介されてたので読みふけった挙句、とうとう買っちゃいました。一度、聴き出すと「やめられない、止まらない」状態に突入してしまう何とも魅力的なDeep Soulの世界。その本ではシングルを聴かなければ話にならんという持論を展開されてました...

Soul The Hits / The Ikettes * 1965 Modern

60's Soul
  「切れものアイク・ターナーのイイ仕事 俺のおかげ編」と「俺が主役編」と称賛に値するタイトル名が付けられた追悼盤も出て再評価の機運も高まるアイク・ターナー。存在感抜群の強引なザクザク・ギターでのブルースもいいですが、アイク&ティナ・ターナー・レヴューでのソウル・エンターテインメントがアイクのイイ仕事でも最高峰。そのレヴューでもティナのバックで踊り狂い、可愛いコーラスを奏でていたガールグループ、ア...
このページのトップへ