Dangerously In Love / Beyonce * 2003 sony

00's Female R&B
DIVAって言葉・・いろんな人に使われますがコノ方を差し置いては語れないのでは?ビヨンセはデスチャのNo,No,NoのPVを見て名前も知らないのに2秒でファンになって以来、ず~っと気になる存在です。完璧なSEXY系の美貌にワイルドな歌いっぷりと非の打ち所無しですが、このジャケは反則的に素晴らしくエクセレント!内容がどうであれ即効購入いたしました。エロい=COOLという私的図式の中ではど真ん中ストライクの作品なんです! ...

Moodring / Mya * 2003 A&M

00's Female R&B
  Myaの3rdですがジャケも段々良くなって遂にmya史上最高ジャケ登場です。やはり女性のR&Bはこのビジュアルですよ!これだけで10万枚は売上嵩上げになります。レディマーマレードのPVヨロシク凄いエロチックで素晴らしいです!もう、こんな感じだと、どうしても内容をひいき目に見てしまいます。しかしながら・・何というかソウルフルな歌唱を売りにするタイプではないですが、そこそこ歌もうまいし充分にCoolでカッコいいアル...

Complicated / Nivea * 2005 Zomba

00's Female R&B
 負けん気の強そうな面構えがよろしいニヴェア女史の2nd。デビューアルバムが大変イイ出来だったので待望の中でドロップされましたが、少し落ち着いた感じの印象にシフト・チェンジ。購買年齢層を広げようという策略でしょうか。これはチト困ります。ファッション誌などにも登場し同年代中心に支持を得たニヴェア嬢です。クラブ・ヒットを狙ったトラックも入ってますが、ここらが充実してないと話になりません。どうも中途半端な...

Julie's Rock'n Roll / 沢田研二 * 1979~83 Polydor

J's Mainstream
 今回はアルバムではありません。なぜかというと、まともにアルバムを持ってないから。ただ全曲集みたいなので今迄持っていたシングルを聴きなおしても、どうしてもコノ時期に偏ってリピートしてしまうんです。リアルタイムでTVで見ていた時期がちょうどコノ時期で幼き頃の脳内刷込みは凄いです。どんな番組に出ていても、必ず歌になると“空気”をロックに一変させていましたし、ド派手でロッキッシュな衣装・メイクや演出も曲毎に...

Beggars Banquet / The Rolling Stones * 1968 Decca

Rolling Stones
いわずもがなの名盤です。まずジャケットが違う!と突っ込まれそうですが、私の二十歳前まで私にとってベガーズはこのジャケだったのです。シンプルな筆記体文字のみのジャケに、中開きにはブライアン・ジョーンズを含む何やら不気味な雰囲気の晩餐会といったメンバーの写真。このイメージが好きで未だにこのアルバムのイメージはこのジャケです。ちなみに80年代後半になって変更された“トイレの落書き”ジャケが当時差し止めになっ...

ぼちぼちいこか / 上田正樹と有山じゅんじ * 1975 徳間音工

Man's World
  なにやら怪しい大阪の街中でのオッサンの叩き売り商売の光景のSEから始まる歴史的傑作。今もウルフルズ等が大阪弁を売りにした曲を出したりしてますが、何やら違和感を感じずにはいられません。ここではラグタイムやブルースを土台にした自然でリアルな大阪弁ミュージックを2人が完成の域にまで持っていっております。またどの歌にも大阪(関西)の庶民的ストーリーがしっかりあり路地や長屋、商店街の光景がリアルに浮かび上...

10ナンバーズ・からっと / サザンオールスターズ * 1979 Victor

J's Mainstream
 実は私が生まれて初めて買ったLPがコレ。当時、小学生であった私はコノ辺りから音楽がカッコイイと考えるようになったと記憶しています。ザ・ベストテン等のTV番組での狂気のパフォーマンスが小学校でも注目ネタでしたし、スーパーマンの格好で焼きそばUFOのCM(本作の「アブダ・カ・ダブラ」はそのCM曲)にも出てたりして、コミカルな桑田のパフォーマンスもガキのハートを惹くにはもってこいでした。ドリフの番組にも出てたし。...

So Many Ways / The Braxtons * 1996 Atrantic

90's Female R&B
  「Slow Flow」・・既に5万回聴いたであろう大傑作ミディアムが入ってるだけでも間違いなく“買い”です。でも所有欲をそそる理由は他にもございます。いわずと知れたお姉ちゃん、トニ・ブラクストン譲りの、テイマー嬢を中心とした激ソウルフル低音ヴォイスが全編にあるのと同時に、このベッピン3人を揃えたお色気満載のジャケ&中写真。ダウンロード全盛になってゆく今後も、“アルバム”という現物盤で曲発表して欲しいのはこうい...

The First Lady / Faith Evans * 2005 Capitol

00's Female R&B
 Hip Hop Soul の代表格みたいな感じで君臨していたFaith嬢が、4枚目にして無茶苦茶ソウルなアルバムを投入です。ジャケも色気たっぷりでエエ女満開です。もともと声自体が、泣き声っていうか、ハート直撃系のソウルフル・ヴォイスなので本作のアプローチは大歓迎でございます。大物の風格さえ漂わせ始めたFaith嬢の勝負作といって差し支えなさそうです。 さて本作の中身はアタマこそNeptunes(Pharrell Williams & Pusha T参加...
このページのトップへ