Circus Town / 山下達郎 * 1976 RCA

Cool Groove
 玄人筋からも絶大なる支持を得る山下達郎氏のファーストソロアルバム。雑誌とか廻りの友達とかの間でも好評の山下達郎が、実はどうしても苦手で・・ ねっとりした唱法なのか、声質なのか、顔なのか、男として気持悪いのか・・(ファンの人、正に戯言と無視してお許しを) 上手いのは凄く分かるんですが。「絶対、お前ならコレが気に入るハズや!」てな感じで今迄いっぱ~い貸されたり、絶賛アルバムを借りたりして録っては消し...

Trinta / 大橋純子 * 2004 Vap

Cool Groove
 日本のシティ・ソウル&ファンク・シンガーの草分け、いわばMISIAや吉田美和の親分みたいな存在といえる大橋純子。'90年代はコンテンポラリーなR&Bにも果敢に取り組んでいましたが、近年は'70年代を彷彿させる生音中心のGroovyなサウンド全開で秀作連発です。勝手にR&Bシンガーみたいに書いてますが、実際は幅広い音楽性のある人なんでPops,AORみたいな感じで接しても充分に機能する人です。相変わらず彼女の美しくぶっとい声はど...

Gauloise / Monsieur Kamayatsu * Polystar 1994

Cool Groove
  以前パリに行った時、脳内BGMとして真っ先に流れたのがシャンソンでもオペラでもなくムッシュ・かまやつの「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」。70年代にタワー・オブ・パワーまで参加したジャパニーズ・レア・グルーヴの金字塔的名作ですが、幅広い活動のかまやつさんの曲の中でも最も好きな曲です。70年代のソロ活動ではフォークにまで手を出していたかまやつさんですが、同時にこんな最高なグルーヴも発信していたとは驚...

Smooth Ⅰ・Ⅱ・Vintage / Various Artists * 2002~2003 SONY

Cool Groove
 いまだに意固地になってi-tunes参入を拒み続けるSONY陣営。ちょっとでも出費を抑えたい消費者の気持ちや、規格乱立の弊害がちっとも理解できてないようです。PCではあんなに優秀な商品を輩出してるだけに、コンテンツ理解も進歩してほしいもんです。でもレンタル屋(私の第2書庫)が充実した我が国では「そんなの関係ねぇ」と超廉価レンタル→i-podという流れもあるので、まぁOKです。そして惚れこんだら、ちゃんとお金出して...

Million Stars / 桑名晴子 * 1978 Philips

Cool Groove
 圧倒的な歌唱力で存在感を示し、日本でも大橋純子と並ぶ指折りの本格派シンガーと称される桑名晴子姐さんのデビュー作。感情豊かでセンス溢れる歌唱はティンパン一派や芳野藤丸関連のセッションでも有名ですが、ソロ作で魅せたシティ・ソウル然としたアルバムは今でも評価の高いところ。なにわのロックンローラーで実兄でもある桑名正博同様、関西音楽シーンの重鎮として今も君臨です。AOR寄りっていうか、今ではフリーソウル的...

MISS-A-MIXTURE / 阿川泰子 * 2008 Victor

Cool Groove
クリスマス・ディナー・ショー絡みのジュエリー・イベントで憧れであった麗しの美女、阿川泰子様とお仕事!不況の最中で自分がプロデュースする企画は厳しい戦績の連続ですが、昨日は仕事そっちのけでショーのゲストである阿川さんの美貌と美しいウィスパーヴォイスに聴き惚れました。ジャズ・ヴォーカルではエラ・フィッツジェラルドやらダイナ・ワシントンなんかの女性Voが好みですが、ライトタッチな阿川さんのスムース・ヴォイ...

Char / Char * 1976 See Saw

Cool Groove
 幼すぎてピンクレディーとかしか眼中になかった頃、バリバリの歌謡ロッカーとしてTVに出てたと記憶するチャー。なかなかの優男としてブラウン管に映ってましたが、知らぬ間にマリファナ事件でTVでは見れぬ存在に。自分がロックとかに興味持ち出した頃に、再び見たのがJohnny,Louis & Charでした。な~んかやる気なさそうで、いざ演奏するとメチャかっこエエって感じのクールさが、また気になりだしました。そんな事で大分後聴き...

Dark Ocean / 古内東子 * 2000 Sony

Cool Groove
 センスのいい音楽を創るたびに、どんどん綺麗になってきた古内さん。いわゆる恋愛ジャンキー系で女性リスナー中心に絶大なる支持を得る人ですが、この辺の需要を押さえたアーティストは強いです。昔は松任谷由美の独占市場みたいな感もありましたが、90年代にメキメキ頭角を現したのが古内さん。今はaiko嬢が席巻している底堅い市場です。昔、Jリーグ時代の城彰二と恋仲の噂もありましたが、恋してどんどん美しくなるにつれ気に...

沙浪夢 SHALOM / 大橋 純子&美乃家セントラル・ステイション * 1978 Phillips

Cool Groove
 小柄ながらパワフルかつ美しい声で魅了してくれる大橋純子。70年代から活躍する大ベテランですが今もコンスタントに良作を発表してくれるのは嬉しいトコロ。出会いは筒美京平作品の78年大ヒットで歌謡曲の流れを汲む「たそがれマイ・ラヴ」(←めちゃめちゃエエ曲)でしたが、むしろコノ曲は異色作だったみたいで本来はシティ・ポップ~ソウル路線のバンド・サウンドでの洋楽的指向を持ったシンガーでした。その大ブレイク前直前...

Love Parade / Love Tambourines * 2004 CRUE-L

Cool Groove
 “この人、ほんまに日本人か?”っていうようなメジャー級ヴォーカリストに稀に遭遇することがありますが、その中でも最高峰クラスに位置するのがELI(ex.Ellie)嬢。90年代にFM802でパワープレイされてたラヴ・タンバリンズ“Midnight Parade”。流れてきたエリ嬢の歌声を聴いた時、マジで黒人の声やとしか思えませんでした。すぐにファンになっちゃうくらい魅了される声で、渋谷系だとかヘチマとかを超越した次元での本格派ヴォーカ...

Pink Cloud / Pink Cloud * 1983 Vap

Cool Groove
 ギターを弾くことがクールやと思わせてくれるようなプレイヤ-が少なくなったような昨今、見た目や振る舞いも含め常にカッコいいのがチャー。自分の好みど真ん中のシングル・コイル・サウンドで、長年イカしたサウンドを届けてくれてます。シャープなカッティングに、テクニカルなフレージング、センスのよいコード・ヴォイシニングはいつも惚れ惚れ。ソロ・アルバムや様々なユニットでも数々の名演がありますが、バンドの一員と...

Cafe Bohemia / 佐野元春 * 1986 Epic Sony

Cool Groove
 話題を集める、六本木ヒルズカフェ開催のフラワー・アーティスト東信さんとParisブランド“ブシュロン”のコラボ・イベント。オープニング・セレモニーに御招待で参加してきましたが、まあ素晴らしいネイチャー・アートの世界でこれは評判通りの良いイベントでした。そして会場では様々な著名業界人の中になんとあの佐野元春さんの姿が。仕事そっちのけで、思わず握手してもらいました。白髪がカッコいい紳士になられてて、「ワイ...
このページのトップへ