The Very Best Of Kiss / Kiss * 2002 Mercury

Hard Rock
 GW中、神戸に住んでた時の友人が我が町京都へ引っ越してきたのでBBQで振舞う。バンドやってた時のメンバーでもあったのに相変わらず音楽的趣味の接点は1分も見出せなかった。奴が得意のへヴィメタ話で自分のフィールドに引き込もうとしたので、我がの持ち駒を掻き集めレインボー、マイケル・シェンカーで応戦しようとしたけどしんどいのでやめた。しかしながら嗜好も違うのに、私のワケわからん趣味に合わせ「ようやっとったな...

For Those About To Rock We Salute You / AC/DC * 1981 Atco

Hard Rock
  たまに無性にえげつないヘヴィメタルが聴きたくなりますが、そんな時に全てをカップラーメン並みに3分で満たしてくれるのがAC/DC。最初に見たときのインパクトは強烈極まりないものでした。汚い格好して何故かハンチン帽かぶってわめいてるオッサンと半ズボンとランドセルで頭振り乱してギター弾く兄ちゃんというコントラストは「これぞヘヴィメタルや」と思える最高の絵面で一発で惹かれました。このハンチンのオッサンことブ...

Records / Foreigner * 1982 Atlantic

Hard Rock
 ジュークボックスってのは何とも魅力的なもんです。子供の頃、親父に連れられ何故か毎月通ってたスナックでもドカーンと君臨してまして、酒を飲むわけでもない年齢の私と兄貴はコインを入れてジュークボックスを聴くのが楽しみでした。巷で噂の有名曲をその場限りやと思い一音たりとも聴き逃すまいという姿勢で必死こいて耳を傾けたもんです。そんなジュークボックスの主役はやはりヒットチャート常連曲。ベストヒットUSA世代な...

Smokin' / Humble Pie * 1972 A&M

Hard Rock
 エリック・バードンやらジョー・コッカー、スティーヴ・ウィンウッドと黒人顔負けのソウルフルなヴォーカリストが登場した'60年代のイギリスのミュージック・シーン。天才的逸材が多く登場する中、スティーヴ・マリオットもその中で負けず劣らずの個性を持った存在です。スモール・フェイセズの時からサム・クックなんかソリッドにキメておりましたが、泥臭くなったハンブル・パイでもレイ・チャールズ、アン・ピーブルズなんか...

Wild One / Thin Lizzy * 1996 Vertigo

Hard Rock
長身のアフロヘアーの大将がハードなロックやってるって構図が最高のバンド、Thin Lizzy。最初FMで「Cowboy Song」を聴いた感動は忘れません。哀愁あるメロディにパンチの効いたサウンド、そしてフィル・リノットの男らしい個性あふれる歌心。こんなハードロックが聴きたかったんやっと心底思えるええバンドでした。いまだにKISSと共にハードロックといえば私の中ではこの人等です。そらぁもうアイルランド出身で自らのバックグラ...

ALIVE! / Kiss * 1975 Casabranca

Hard Rock
 自分がハード・ロッカーやったら絶対にこんな音を出したいって思うのがこの人等。これほどジャケットと音がピシャリと合致しているアルバムもそうそうございません。キッスを知った頃はメイクを止める寸前の頃でしたが、アホみたいに地獄から来たとか言い張ってるところが好きだったのに普通のへヴィメタ・バンドとして活動し始めたのが残念でなりませんでした。ろくすっぽヒット曲も出してなかった頃でしたから起死回生の意味も...

Coda / Led Zeppelin * 1980 Atlantic

Hard Rock
 エレクトリック・ギターのパイオニア、レス・ポール氏がお亡くなりに。レス・ポールっていえばただのギター開発者じゃなくてメリー・フォードとのコンビでヒット曲も出していたミュージシャンですので、実家には親父所有の古~いアナログ盤があったりもしますが、殆ど聴いたことありません。といったことで、本人の音楽に関しては無知で申し訳ないのですが、私等世代にはやっぱギターモデルとしてのレスポールがあまりに有名です...

Eliminator / ZZ Top * 1983 Warner Bros

Hard Rock
 1週間ほどアメリカ・テキサスへ海外出張。久々に竜宮城のような日々だったので日本生活で適応障害になりそうです。夜のパーティーでも滅茶苦茶上手いバンドがクール&ザ・ギャング、ライオネル・リッチー、ビヨンセ、プリンスからジョーン・ジェット、ジャーニーまで何でもありで演奏。ゴキゲンさんで踊りまくれましたヨ。移動もコンヴォイみたいなバスでハイウェイをブッ飛ばすので最高でした。このしょーもないサイトでも調子に...

Difficult to Cure / Rainbow * 1981 Polydor

Hard Rock
 夜のアホな無駄使いがすぎたので、いかに金を使わず1日過ごせるか?と休みの日に実行してみた。するとよく分かったのが、どんな安いモンでも小さなモンでもいいから“俺は金が使うのが好き”(←無いのに)ってことでした。ほんとどうしようもない男です。まさに治療不可。そんな中、買わずに本屋でレココレ立ち読みしまくって久々に聴きたくなり図書館で借りたのが、特集されてたレインボー。記事によると、リッチー・ブラックモア...

You Wanted the Best, You Got the Best!! / KISS * 1996 Mercury

Hard Rock
 熱狂的なロック・ライヴを聴きたくなったらチョイスしちゃうのがキッス。地獄の軍団です。あ~こわ~、ってなことはなく意外と分かりやすいシンプルなロックン・ロールが基調なので軽快に楽しめます。全編興奮の名ライヴ盤は幾度と無く愛聴してますが、それから漏れた曲や続編ライヴなどから編集されたライヴベストというので借りたのがコレ。気持ち良さに主眼を置いたアホみたいな痛快ストレート・サウンドに、ファンタジーを味...

The Best Of Black Sabbath / Black Sabbath * 2005 Sanctuary

Hard Rock
 たまに夜更かしして聞くのが楽しみだったタモリのオールナイト・ニッポン。「いいとも」とかやる前でキワもんっぽいとこもありましたが、“雨上がりの夜空に”の頃のRCのブレイク前ライヴとかもやってたナイスなプログラムでした。オフコースのことなんかもボロカスに言ってて毒ありました。ある時、ビター・スウィート・サンバの後、オープニングに流した曲で強烈に頭に染みついたのがブラック・サバスの「Paranoid」。ドローン...

Unplugged / Kiss * 1996 Mercury

Hard Rock
 猫も杓子もアンプラグドやと言い出して、過去の遺産を引っ張り出してきてやる手法に食傷気味だった頃、これは新鮮に感じたアルバム。エリック・クラプトン(アルマーニ着てイキりすぎの頃)やマライア・キャリーの大ヒットもあって成功した、MTVによるコンセプトでしたが、コノ頃には“もう、エエやろっ”って感じでした。しかしながらコノKISS。上手いコト、利用してくれました。もう殆どメタル・マニアしか見向きもしてなかった...
このページのトップへ