Good Job ! / Rip Slyme * 2005 Warner Music

Japanese Hip Hop
  リップスライムのおいしいトコ取りベスト盤です。しかも赤塚不二夫仕様ジャケでです!日本のFunk~Hip Hopのルーツ赤塚不二夫のアートがRipの持つとぼけたファンクネスと最高のマッチングを見せます。ちなみに赤塚氏といえば「おそ松くん」、「天才バカボン」「モーレツあ太郎」等で神懸り的ナンセンスギャグ・アートを量産した天才です。(←特に後期は必見!) 師の作品はまさに登場人物からHip Hop的センス全開の痛快キャラ...

Singles / Dragon Ash * 1999~2000 Victor

Japanese Hip Hop
  最近、あまりに幅広い音楽性に正直ついていけなくなったKJ率いるドラゴンアッシュ。ラウド・グランジ系と思いきや、ドラムンベース、トランスみたいのにトライしたりで何でもアリってな感じですが、個人的好みでいうと最もHip Hopに接近していたコノ時期のシングルは格好エエ曲が連なってます。パクリだとか未熟だとか言われてましたがそれは売れすぎた時の勲章みたいなもんで、オレンジレンジなんかとはレベルが違う次元で単...

Best Of RG / ラッパ我リヤ * 2004 Victor

Japanese Hip Hop
 日本のHip Hopの流れを変え、これならカッコええやんけと思わせてくれたのが'90年代半ばからガンガン出てきたライムスター、ネイキッド・アーツ、ブッダブランド等でしたが、中でも特異なスタイルで一度聴いたら頭から染み付いて離れないのがQと山田マンのラッパ我リヤ。色んなトコでこの二人は客演してますが、あまりに強烈すぎてよく主役を食ったりしてる頼もしい人等です。西川のりおにも似た強引な場の支配は好き嫌いがハッ...

Soundtracks 2 / DJ Deckstream * 2009 Lexington

Japanese Hip Hop
 ジャケだけ見るとハードコア・パンクのようなアルバムですが、日本発の優秀なトラック・メイカーが放ったHip Hopアルバム。評判であった1stは細切れにしか聴いてませんでしたが、この2作目はチョコっと音聴いて即行で購入。コレはなかなかでっせ。本場海外のゲストも“この人ならっ”という思いで参加したに違いありません。高品質でキャッチーかつクールなデックワールドは、正に世界に通用する音といっても過言ではありません...

病める無限のブッダの世界 / Buddha Brand * 2000 Cutting Edge

Japanese Hip Hop
 まぁ面白いドラマ、半沢直樹。仕事前夜、なんかしら燃えます! もし主題歌があったとしたらブッダの「天運我に有り」なんかピシャリ。ここらのヒップホップは気合い入ります。最近のは少し疎いですが、ケツメイシやらファンモンやら子供が聴くもんで、自分もチョコチョコ耳にするもののあまりのめりこめず。DJ付きなので、そうなのかと思って聴くと、結構ベタなJ-Pop的な要素強いし。ソフトで聞きやすいけど、何か引っ掛からな...
このページのトップへ