FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2005.09
13
Category : 00's Male R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
babysexy.jpg

 会心の一撃です。他方面でも評判がよろしかったので気になっていましたが、まさかココまで良いとは想定外です。前作、前々作とソコソコ良い曲もあったのですが少々肩すかし感があったのが正直なトコ。大御所も正念場と思ったのか曲・歌メロ・サウンドは名作「For The Cool In You」並みといっても過言ではない力作を投入してきました。新進のソングライターGreg Paganiなる人物がほぼ全編で共同プロデュースしてますが、このコンビは正解!コレからの展開もますます期待してしまいます。
 1曲目「Tonight It's Goin' Down」での王道ラブソングで期待感を一気に引き上げます。続いてのヴォコーダーが効いた「Grown & Sexy」で本盤の殿堂入りを確信。ファルセットと力強い地声のスイッチングはAl Greenを彷彿させる絶好調ぶりで、イマイチかなと思った曲もコノ技で名曲に持っていくテクニックも絶妙。ホント聞き惚れます。「Drama,Love & 'lationships」や先行シングル「Sorry For The Stupid Things」等、ドコから聴いても躊躇することなく“合格印”がポンポン押せます。カーティス・メイフィールドを彷彿させる「The Gettin' To Know U」や、清涼感溢れる「Good To Be In Love」あたりも文句無しのハイ・クオリティ。日本盤ボーナストラックの「Red Dress」はちょっとJazzyな異色ナンバーであくまでオマケって感じですが、全般的には殆ど駄曲なしって断言できる素晴らしさ。メロウな甘さにしっかりスパイスを効かせたLove Song集で、あんこのシッカリ詰まったタイヤキのごとくクオリティは、高い顧客満足度です。
「よう、やってくれた! 久々の興奮をおおきに!」
::more
2005.09
16
Category : 00's Male R&B
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
toshii.jpg



Toshiっていっても、X-Japanではありません。久保田利伸のワールドワイド版でのアーティスト登録名で、コチラの盤は海外仕様3作目となる力作。松井とかイチローが活躍すると嬉しいように、こういう「ホンマモン」の人が活躍してくれると愛国心の強い!?私も単純に鼻が高くなります。「東洋でもリアルな奴がおんねや!参ったか!」と。ビルボードTop40まで可能性がある唯一のジャパン・メイドちゃいますか?初期の頃の久保田はあまり好きではなかったのですが、90年代以降は本場モンの模倣を超越したハズレ無し作品連発で頼もしい限りです。
 さて内容ですが正直ここまでクオリティーが高いと降参です。冒頭の「Beating Of My Heart」こそ“ありゃ”って感じですが総体的には上々の出来。いわゆるネオ・ソウルの類の音作りを基盤に進化させたモノでしっかり成功していてディアンジェロあたりとごちゃ混ぜにしたコンピを作っても違和感無く聴けます。特にスネアのタイム感や音色等絶妙です。久保田らしいメロが冴えるMos Defをフィーチャーした「Living For Today」などクール極まりないです。大ネタすぎて心配すらするカーティスのTrippin Out使いの「Breaking Through」も素晴らしいVoプロダクションで心配も紀憂に終わります。Angie Stoneと組んだ「Hold Me Down」、エレピ音が心地良く響くミッド・スロウ「Shadows Of Your Love」、ドス黒い音構築で迫る「It's Time」に「`Cause You're So Bad 」あたりはどれも素晴らしい出来です。他にもZhane(新作祈願!)のRenee参加のファンク佳作「Voodoo Woman」等などもあって聴き所多し。渡米の成果を確実に伝えてくれる頼もしい内容です。
「ダテにファンキーファンキーと喚いていただけではないぞ!」
::more
2005.09
21
Category : 00's Male R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
rapahaerr.jpg

「Ray Ray」ことラファエル氏の2ndソロアルバム。Toneys時代から良作連発してるだけあって今回も安心印の作品となっています。'70sブラックシネマのようなジャケがやたらとカッコよいのですが、内容の方も「I Know Shuggie Otis」っていうタイトルの曲が入ってるように70年代前半の彼自身が生まれ育ったオークランドで影響を受けた音楽(スライやカーティス・メイフィールド等)を色濃く反映した内容となっています。ただ私自身は不勉強で伝説のアーティストと呼ばれるSuggie Otisは聴いたことございませんで・・このアルバムを聴いて多分素晴らしい人に違いないと勝手に確信しております。トホホ・・
 もともとマルチながら優秀なベーシストでもあるラファエル氏の激シブBassラインやタイム感が全編で最高に際立っており、エエ感じのファンク臭プンプンてな感じで流れていきます。Teedra Moses嬢参加の「I Want You」(Toneysの名作 Tell Me Mamaに通ずる素晴らしいベースプレイ!)やチャカの名曲フレーズも飛び出す「Chic」、これまた最高のベースプレイ「I Love Her」など地味ながらいい出来具合です。得意のファルセットも冴えるカーティスっぽい「Grown Folfs」、どっちの声か一瞬わからなくなるBabyface共演「Not A Game」、兄貴Dwayne WigginsとLucy Peal時代の盟友Dawn Robinson参加の「Rifle Love」なんかもゲストに関係なくナイスチューン。日本盤ボーナストラックの「Desperately」は重苦しい雰囲気漂う中ににハモンドが光る逸品。
「甘いしっとりスロウは無い。なんやいうてもハードボイルドだど」
::more
2005.09
22
Category : 00's Male R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
093624891925.jpg

Will Smithを幼くしたような愛嬌ある顔立ちに安モンのギャングスタHipHopのようなジャケで、一見Bow Wow系のラップでも出てくるのかと思いきや・・出てきた音は弱冠19才にしてオッサンの声。辛口ハスキーヴォイスのボビーウーマック(本作にハマリまくりの「Woman Gotta Have It」のカバー収録)やK-Ciを彷彿させるDeep Soul満載で良い意味で裏切られるアルバムです。
 のっけからディープながら無茶かっこいい「Long Ways」「Where Were You」で聴き手を惹きつけます。もちろんサウンドプロダクションは今様でHip Hop色の強いナンバーもありますが、Curtis MayfieldのNever Stop Loving Meをサンプリングした「Satisfy」、Act1使いの「Ah Yeah」、Willie Hutchの「In Da Ghetto」にCharles Earlandの「Hit Me」などオールドソウルの感触たっぷり味わえる好曲が目白押しっす。El DeBargeが噛んだフックのファルセットも最高な「Mystic Spot」もベストな出来。何しろ声が良いもんで、どんな曲も聴きほれること間違いなし!って感じです。
「JODECI好きは避けて通れない傑作でっせ!」
::more
2005.10
07
Category : 00's Male R&B
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
41JHEJSN2RL.jpg

 数あるモータウンのカバーアルバムがありますが、正直がっかりするものが多いのが実情。愛情とかはスゴク分かるんですが、あまりにFunk Brothersの演奏やオリジナルの空気感が圧倒的に秀逸なのでとても太刀打ちできないってのがあると思います。ですが、このアルバムはちょっと例外的に甘い目で・・何といってもブルーアイドソウルの大御所っていうか黒人の偉人達と同列で語っても良いマイケル・マクドナルド大先生ですから! 単なる模倣に終わらないオリジナル感溢れるソウルフルな歌声と、超メジャー級の名曲群を先人へのリスペクトを失う事の無い手堅い演奏・アレンジで21世紀に伝承してくれます。
 スティーヴィー・ワンダーの「All In Love Is Fair」やマーヴィン・ゲイ「I Want You」、「Distant Lover」、「You Are Everything」なんか原曲とは違う次元で感動させてくれます。スティーヴィーに関しては「Signed, Sealed, Delivered I'm Yours」も躍動感満載で演ってくれてます。スプリームス&テンプスがヒットさせた「I'm Gonna Make You Love Me」や、スプリームス「Reflections」あたりは、しっとり気味に仕上げてます。「Since I Lost My Baby」も完全バラード仕様です。デュエットではありませんが「Ain't Nothing Like The Real Thing」、「Ain't No Mountain High Enough」に至っては原曲自体が激名曲ですので心配しましたが、あのハスキーヴォイスでねじ伏せられたらもう降参です。
「この人の企画盤なら許せます。何せ発信元もMotownですから!」
::more
2006.04
13
Category : 00's Male R&B
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
2309.jpg

伝統的とか本格派とかいった感じの'70年ソウルの良き部分を継承したスタイルが、Hip Hop世代のサンプリング以降に形を変えつつもしっかり新鮮な形でメインストリームに存在するってのは嬉しいトコです。最近の若手シンガーでもそれぞれリスペクトする人がアル・グリーンやらダニー・ハサウェイやらのリアルタイムで聴いてないであろう偉人の名がぽんぽん出てくるって凄い文化やと思います。まあアメリカはしっかり黒人音楽文化が根付いてるんでしょう。まあ黒人の人等がぎょうさんおって生活してるわけやし自ら誇れる文化もあって当たり前か。
 このジャヒームもソウルの先人の良き部分をしっかり現代の解釈で表現しており頼もしい限りです。3枚目となるこのアルバムでもテディ・ペンダーグラスばりの武骨な歌いまわしでかなりエエ感じです。ケイジー中心に構築されたトラックのセンスの良さもジャヒームの熱い歌声をバッチリ盛り上げます。頭からウィリー・ハッチ使いの「The Chosen One」で開放感溢れるグレイトな歌いっぷりですが「Daddy Thing」や「Like A DJ」も非常にCoolな質感ながらジャヒームのソウルフルな歌声が冴えまくりです。Syles Pのラップも絶妙なデルフォニックス引用の「Fiend」やマリリン・マックー&ビリー・デイビスJr使いの「I Ain't Never」、モーメンツ使いの「125th」といったアルバム中盤以降の流れなどはある意味感動的ではっきり言って最高です。
「けなす部分がホンマに無いです。決して古臭くなく調理したバックトラックも聴き物!」
::more
2006.12
20
Category : 00's Male R&B
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
B000HCPWZO_01__AA240_SCLZZZZZZZ_V37367501_.jpg



 スモーキーな声にソウルフルな歌い廻しが実にかっこええジョン・レジェンド氏。いっぱい賞を取ったデビュー作は古き良きソウルとヒップホップのざらついた質感がうまくブレンドされていて非常にグレイトな1枚でありましたが、その前作の立役者カニエ・ウエスト御大は今回ちょっと引き気味でよりストレートなサウンドが押し出されたブツになってます。まぁどんな音にせよ、声質自体がクールさ満開のウェルカム・ヴォイスですので聴いてて気持ち良いことには今回も変わりありません。ただ器用な人っぽいからアレもコレもってなっちゃうんでしょうが、一部の曲では好みやないアレンジやコード展開の曲もチラホラあったりもします。
 まず1stカットとなった「Save Room」ではBlack Eyed Peasのウィルが手掛けており、淡々と進む曲調にニュー・ソウル的アレンジとロック風味のギターが重なる佳作。今回ウィルは他にもフォートップス引用のグルーヴィーな「Each Day Gets Better」や'60sシカゴソウルの香りプンプンの傑作「Slow Dance」もプロデュースする活躍です。これは結構なグッジョブです。またカニエ氏プロデュースとなるミディアム「Heaven」は割と前作に近い質感でCoolなトラックも光ります。中盤に登場する「P.D.A.」もスティーヴィー・ワンダーっぽいミディアムで実に気持良い展開ですが、そのあとのピアノマンらしい上品な作品はちょっとしょーもない流れでいただけません。しかし終盤に登場するフリーソウル的なグルーヴの「Another Again」、ストリングスが感動的にアシストするスロウ「Coming Home」、メロウなボートラ「Out Of Sight」あたりは地味ながらストレート且つソウルフルな流れで最高です。日本盤ボートラでは他にもSergio Mendesとやった「Please Baby Don't」も収録。
「睡眠不足で聴いても、優しいまろやかなサウンド。癒しにもなりまっせ。」
::more
2007.04
09
Category : 00's Male R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
omari.jpg



 キッズ・グループのアイドル一直線のボンボンと思ってたら、とんでもない本格派ソロ・アーティストとしての道を爆進中のオマリオン。時にはスティーヴィー・ワンダーさえ思わせる節回しも見せ音楽的にも充分唸らされる存在ながら、アッシャー的な芸能人的地位も確立した活躍ぶりは実に頼もしいもんです。タイトルに自分の年齢を印したこのソロ2作目はシーンを代表するプロデュサーも参加してますが、そんなことに関係なくオマリオンのスムーズで聴きやすいナヨ系ソウル・ヴォイスに引き込まれます。
 中身は実にカッコよい今様のR&Bですが、しっかり地に足の着いた音作りは好感度大です。1曲目のシングルカットにもなりPVも絶妙だった「Entourage」での“ツカミ”は申し分無しで正直コレ聴いて「買わなあかん」と思わされました。'80年代のギャップ・バンドあたりのファンク・テイストにも通ずるファンクな曲調に中性的鼻声がスムーズに絡みスウィングする様はドえらい心地良さです。続くティンバランドらしさ抜群の心地良いバスドラにピアノ単音フレーズがクールに乗っかる「Ice Box」でもアルバムの格がググッと上がるカッコよさでこちらも最高です。他にもVo多重録音も哀愁たっぷりのブライアン・マイケル・コックスのエエ仕事が光るなかなかソウルフルな「Made For TV」や、奇怪なビートをサラリとカッコよく仕上げるネプチューンズ制作の「Obsession」も最高のアクセントです。期待して臨んだアンダードッグス関連は安定感バッチシですがちょいとワクワク感が欠けるもんでした。しかし後半に登場する1曲目同様エリック・ハドソンが手掛ける「Been With A Star」あたりはオーソドックスなつくりが◎でオマリオンの声の良さを一層際立たせます。また日本盤ボートラでは本編では無い素朴なアレンジが'70sソウルさえ彷彿させる「The Making Of You」に「The Truth」と好トラック収録でコレは外せません。
「なんじゃかんじゃゆうてもコノにいちゃんの魅力的な声です。がならないスムースヴォイスは絶品ですわ。」
::more
2008.01
29
Category : 00's Male R&B
Theme : 洋楽CDレビュー
Genre : 音楽
496.jpg



ご存知復活前ドゥービーの後期立役者で、限りなく黒人に近い男。マイケル・マクドナルド。今年になってテディ・ペンやジャッキー・ウィルソンのカヴァー集発表でますます気を吐くソウルおやじです。こちらは好感触だったモータウン・カヴァー集の続編ですが、これがまたエエ感じです。安易なカヴァー集がもてはやされる昨今ですが、この人だけは特別扱いで頼んます。徳永英明のカヴァー集とは明らかに格が違います。魅惑のシティ派スモーキーヴォイスは健在でモータウン・レーベルの名曲をバンバン歌いあげるっていうタイトルどおりの企画ですが、何せ発売元もモータウンってことでお墨付きの内容であることは疑う余地無しです。
 頭はマーヴィン&タミーの「You're All I Need To Get By」を原曲の良さを大事にした丁寧なカヴァーで全般への期待がグッと高まります。惜しくも亡くなったビリー・プレストンのハモンドも最高の鳴りで聴かせます。続いて御本人Stevie Wonderもハーモニカ参戦の「I Was Made To Love Her」、リーヴァイとは違った熱さがたまらんフォートップス「Reach Out, I'll Be There」、「Baby I Need Your Lovin'」と実に快調。またToni Braxtonがパートナーを務めるのが嬉しい「Stop, Look, Listen」はスタイリスティックスの曲やのに?と思うかもしれませんがマーヴィン&ダイアナでデュエット・カヴァーしてるので、そのカヴァーってことでしょう。妹Tamerも参加が泣ける逸品です。そんなこんなマーヴィン作品は好みなのか沢山取り上げてまして「What's Going On」、「Mercy Mercy Me」と王道選曲ですが「After The Dance」なんかはピシャリはまっていて実にグレイトな出来です。他にもスティーヴィー作ながらマーヴィンも歌ってた「Loving You Is Sweeter Than Ever」や、マーヴィン作のオリジナルズの名スロウ「Baby I'm For Real」と愛情たっぷりに歌ってます。スティーヴィー・ワンダーの「Tuesday Heartbreak」も後期ドゥービー的肌触りで気持ち良さ満開。忘れちゃならぬスモーキー作品は「Tracks Of My Tears」、「Second That Emotion」とチャレンジですが甘酸っぱさがやや薄れてるのが残念。ここらはオリジナルが強大すぎたかって感じです。
「元々、自分でも無茶苦茶ええ曲創る人。創作意欲沸いたらオリジナルも頼んまっせ」
::more
2008.05
19
Category : 00's Male R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
kevin michael



 巨大なアフロ・ヘアーのジャケに一瞬で惹かれてしまったケヴィン・マイケル氏のデビュー作。このケヴィン氏、ファンク狂のブラックの親父さんとイタリア系のおかんの間に生まれたハーフらしく、ドス黒っぽくもありながら、スムーズなヴォーカルでポップな感覚をも絶妙なバランスで保持した期待の青年です。何でも親父さんがプリンス殿下のファンやったってこともあり、変態的ポップ・ファンク・テイストも身につけた上でディアンジェロ系ネオ・ソウルやHip-Hopの感覚もブレンドさせて体現できる実に頼もしい存在でもあります。なんでも、まだ22歳ってことで、フェイバリットに挙げる「パープル・レイン」が出た後で生まれた兄ちゃんってことには、ちょっと愕然としてしまいました。まぁ何にせよ尖がったファンク感覚の中にも一流のポピュラー・ミュージックとして成立させているとこは称賛に値します。こういう人が出てくるフィラデルフィアの音楽シーンはやっぱ目が離せません。
 アルバムはいきなりビル・ウィザーズ系のCoolなファンク・テイストで迫る「We All Want The Same Thing」で思わず「合格~っ」となります。客演の人気ラッパーLope Fiascoもナイスな絡みを見せます。続くヒット・シングル「If Don't Make Any Difference To Me」はポップなカリブ風で爽快な出来。プロデュース&共演のWyclef Jeanもほんまエエ仕事です。そして最高のビートを弾き出す「Can't Get Enough」も一発で気に入った曲。ソフトなハイ・トーン・ヴォイスが冴え渡るポップ・ファンクで、言うこと無し。ここではShoty Da Kidが客演です。そんなこんなで良曲目白押しですが中盤での注目は、ディアンジェロやトニーズ好きも共鳴の「Vicki Secrets」や「Hood Buzzin」に、ファスト・テンポもカッコええ「Stone Cold Killa」や「Ghost」あたり。中でもドラマティックな「Ain't Got You」はプリンスの影響が好作用した劇的バラードで、ストリングスが感動を助長させてくれます。こっちが期待した以上のソウルフルな唄いまわしやCoolなアレンジも褒め言葉しか見当たりません。後半も飽きることない素晴らしい構成で、カーティス・メイフィールドさえ彷彿させる緊張感溢れるスロウ・ファンクとなる「Liquid Lava Love」では実に魅力的なファルセットで全編押し通します。そしてATCQ "Award Tour"使用の「Too Blessed」はQ-Tip本人のラップも登場で思わずジャンプして喜んでしまいます。もうセンス抜群です。最後にオマケ的に収録の冒頭曲「We All Want The Same Thing」と「It Don't Make Any Difference To Me」のAcousticヴァージョンはケヴィン氏のソウルマンぶりを浮き彫りにするナイス・トラックです。更に日本盤ボートラにはプリンス型ポップ・ファンク「Lolipop」に、サウス系Hip-Hop「Spaceship」と美味しい2曲が追加で、買うなら間違いなくこっちです。
「コアな系譜ながらニーヨとかも感じさせるフットワークの軽さが魅力。こらぁ、よろしおまっせ」
::more
2008.06
03
Category : 00's Male R&B
Theme : 洋楽CDレビュー
Genre : 音楽
myron  the woks



 ベッドに寝そべったデビューアルバム(←激グレイト!)から知らん間に10年も経過したマイロンさん。あまりに処女作が良かったのでレーベル閉鎖での不運なマイナー落ちなど「あぁ、もったいない」と落胆でした。でもその後、密かにヒドゥン・ビーチ・コンピでの登場などに小躍りして喜んでましたが、近年はまたメジャーやないですが頑張ってはります。今回は時代に逆行するかの如く“生バンド一発録り”を重視したバンド形態での新作。プロ・トゥールズ使用が当たり前の現在、あえて切り貼りや手直しを極力避け、「せーのっ」で録った音でしか成し得ない偶然のマジックを重視した新作。そのメンバーはミシェル・ンデゲオチェロ(B)、チャールズ・ヘイン(Dr)にブルー・ノートのロバート・グラスパー(p)と名手が参加。今回の録音でマイロンの「もっかい録らせてっ」てお願いも却下し2回目のテイクまでを採用したという初動テイク重視で収められた楽曲は全てにおいて奏功しており、見事に人間グルーヴ抽出に成功。自分もバンドでよく経験した「演れば演るほど、しょーもなくなっていく」という過程を排除した方法論は見事に音に開花しています。ダニー・ハサウェイやスティーヴィーが築いた’70s SoulにHip HopやJazzyな質感も加えたCool極まりない音構築は全編で貫かれており正直シビれまくりです。
 アルバムは最近では珍しいともいえる生ドラムのカウントからスタートする「Star」でスタート。Popには程遠いDeepでJazzyなファンク・アプローチに思わず歓喜。ライブ感溢れる生演奏がいきなり味わえます。続く「Best Is Yet To Come」も淡々と進む進行に浮遊感を伴うエレピがたまらん好作。優しく美しい「Beautiful Love」、自分をリスペクトすることで最高の未来があるとポジティヴに歌われる詞が最高の「Message」と肩の力を抜いた装飾なき素晴らしいバンド・サウンドを提示。中盤も「ワシら、勝手にやってまっさかいに」と涼しい顔して高度なジャム・セッションを展開するとこもたまらん「Relax」、アコギの音にストリングスも絶妙な最も親しみやすいメロを持った極上ラブソング「That's How I Know」と絶妙の流れ。そしてディアンジェロを彷彿させるズブズブ・スロウ・ファンク「Ball Of Clay」、子宮の中を泳いでるような感覚になる「You Are」から最後を飾るミシェルのベースがセンス抜群の「No More War」までヒューマン・グルーヴが堪能できます。特筆すべきはミシェルのスライ後期のような間と休符を重視したファンクなベース・ラインで、激Coolな空間を構築する立役者ともなっています。
「忘れかけてた真のグルーヴを現在に問いかける大傑作。30年経っても聴けそうです」
::more
2008.06
21
Category : 00's Male R&B
Theme : 洋楽CDレビュー
Genre : 音楽
lay it down



 これはドえらい事ですよ。例えるならJ.B.が墓から飛び出してオリジナルJB'sと新作を作って、その驚きでハレー彗星が地球にブチ当たったような衝撃です。もぅあまりの事に気が動転してフルチンで町内5周です。(←ちょっと控え目に表現してます) ベテランが新作を出すからには往年の輝きを維持しつつ、今のシーンからもリスペクトされる作品を出さなければ意味がありません。そういった意味ではチャカ・カーン、アレサなどはやっぱり凄い存在ですが、今回のアル大先生。真打ち登場って感じです。今まで辿った道のりが素晴らしすぎる故に、現在の旬のクリエイター達から歩み寄られるという理想的な制作状況と相成りました。フィリー勢の、ソウルからHip-Hopまで実によく分かってらっしゃる要人がこぞって制作に参加。クエストラヴに、ジェイムス・ポイザー、リチャード・ニコルズというアル先生をリスペクトしまくる連中がHi サウンドを奥の奥まで研究し尽くし、現在の空気感まで注入したコレ以上ないという傑作が誕生です。「Let's Stay Together」や「Call Me」あたりの全盛期Hiサウンド愛好者も、ディアンジェロやウータン一派好きの最近のブラック・フリークまで皆納得の驚異的な音の塊りが目の前に突きつけられました。
 まず1曲目「Lay It Down」を聴いて胸一杯に。前2作でのHiの巨匠ウィリー・ミッチェルとの再コラボ以上に、ウィリー色が濃いそのサウンドは近年も繰り返される素晴らしきHiサウンドの安っぽい模倣に絶縁状を叩きつける意気込みさえ感じる2008決定版Hiサウンド。MFSBの生き証人ラリー・ゴールドの手掛ける絶妙のストリングスも完璧すぎて、もし車で聴こうものなら涙で視界が遮られ間違いなく危険です。続いてファルセットも交えた緩急つけたアルの歌唱も冴えまくる「Just For Me」、Anthony Hamiltonもディープに交わる「You've Got The Love I Need」と、クエストラヴ一派が最高でハワード・グライムズとホッジズ兄弟が演ってるのかと間違いなく勘違いする至福の展開。そして名作「Tired Of Being Alone」を彷彿させる「No One Like You」、RZA好みのHiテイスト炸裂の「What More Do You Want From Me」とマジ完璧です。中盤もあちこちでマジック爆裂です。大健闘Corinne Bailey Raeがパートナーを務める悶絶スロウ「Teke Your Time」、またもやラリー・ゴールド仕様の弦が染みまくる「Too Much」、J.ポイザーのハモンドもグッと効く中でJohn Legendが参戦の「Stay With Me」と休む間無し。そして感動の終盤も愛の伝道師として面目躍如で「All I Need」、「I'm Wild About You」と快調に突き進みます。正直デュエット・パートナーも霞むほど、衰え全く無しの虹色ソウル・ヴォイスを今の時代に誇示してくれたアル大先生には感謝感激です。気になるのは、本当に要らぬ心配ですが星になる前のシナトラやレイ・チャールズがそうであったように、その直前に若手と名コラボをしていたってことを想起させることくらい。でもこの勢いやと数十年はバリバリで演ってくれそうで安心です。あぁそやけど、来日してくれんやろか。もう、たまらんです。
「愛と情熱も捨てたもんやおへん。凄まじき化学反応の結晶に拍手喝采です」
::more