FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2005.06
15
Category : 00's Female R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
Ultimate+Toni+Braxton.jpg
 
 セクシー&キュート路線のR&Bはジャケだけで先入観バリバリで良いイメージをもって臨む私ですが、プロモVもエロビデ丸出しで最高のトニ嬢を最初にレビュー。この人はルックス・声共に私の好みでして、おいしいトコどりで未発表曲も収録でジャケも最高のこのベストはオススメです。Babyface絡みのデビュー曲「Give U My Heart」からじつに素晴らしいですが、やっぱキラートラックは「He Was't Man Enough」。ぐいぐい来るビートにセクシーなVoが素晴らしくマッチングで言うこと無しです。PVも印象的だったヒット曲「You're Makin' Me High」も忘れられないセクシー・ミディアム。「Whatchu Need」なんかは何で未発表やったのか解らん素晴らしさです。尖がったビートにトニ嬢が絶妙の絡みを見せます。ただし最後の「Un-Break My Heart」のハウスミックスは完全蛇足。オリジナルのほうが絶対いいです。
「ただエロいだけじゃない。聴かせてくれよる」
::more
2005.07
02
ffffffffaith.jpg

 Hip Hop Soul の代表格みたいな感じで君臨していたFaith嬢が、4枚目にして無茶苦茶ソウルなアルバムを投入です。ジャケも色気たっぷりでエエ女満開です。もともと声自体が、泣き声っていうか、ハート直撃系のソウルフル・ヴォイスなので本作のアプローチは大歓迎でございます。大物の風格さえ漂わせ始めたFaith嬢の勝負作といって差し支えなさそうです。
 さて本作の中身はアタマこそNeptunes(Pharrell Williams & Pusha T参加)絡みのHip Hopの臭いを放つ「Goin' Out」では今時の佇まいですが、何といっても多くの曲を手掛けたIvan & Carvinの仕事がオールドソウルの良さをしっかりブレンドしていて秀逸です。(←ジル・スコットやミュージックも手掛けてます) Whatnauts使いの哀愁味を帯びたトラックも良い「Again」はもう手放し大絶賛したい秀作で、本作のハイライトと言っていいホームラン。エレピ音もエエ感じにハマる「Until You Came」、70年代風グルーブが心地良い「Lucky Day」、泣かせるコード展開にTwistaの高速ラップが絶妙なマッチングを見せる大傑作「Hope」等、Faithの堂々たるソウルフルな唄いっぷりに最高の相性を見せてくれます。他にも、クールなグルーヴで疾走する「I Don't Need It」や、ループ的なトラックの中でソウル魂を爆裂させる「Mesmerized」、Mario Winansをフィーチャーした「Everwonder」など極めて品質の高いトラックがひしめきあいます。最近はちょっと過大評価気味のMary J.なんかより、よっぽど聴かせます。他も、懐かしいオールド・ソウルの雰囲気漂う「Jealous」や、90年代の流れを汲む「Get Over You」など、フェイスの声を前面に押し出したヴォーカルの録り方もグレイト極まりないです。
「現代レディ・ソウルの代表選手とまで言ってしまいたい傑作。ほんまエエ女です。」
::more
2005.07
20
Category : 00's Female R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
41WF4S1Q6SL.jpg

 負けん気の強そうな面構えがよろしいニヴェア女史の2nd。デビューアルバムが大変イイ出来だったので待望の中でドロップされましたが、少し落ち着いた感じの印象にシフト・チェンジ。購買年齢層を広げようという策略でしょうか。これはチト困ります。ファッション誌などにも登場し同年代中心に支持を得たニヴェア嬢です。クラブ・ヒットを狙ったトラックも入ってますが、ここらが充実してないと話になりません。どうも中途半端なビート・ナンバーばかりでBガール達は支持するのか?とオッサンの私もいらぬ心配までしてしまいます。少なくとも視野の狭い私には前作のデビュー・アルバムの出来の良さが、かえって引き立つもんに感じてしまった残念作と言わざるをえません。
 雨音インタールードからの1発目表題曲「Complicated」はバラードです。まぁ何というか私のニヴェア感からいうと肩すかしでした。旬の人Lil Jon(←しかしウルサイ人です)をフューチャーしたクランクな「Okay」や、R.Kelly制作・参加の「Gangsta Girl」も平凡な仕上がり。あんたらもっとできるやろ!って具合です。さぁこっからと思いきや印象的なバスドラのスロウ「Parking Lot」も不発の感。全体的に地味な印象でちょっとがっかりでしたが素晴らしい曲もしっかり入ってます。まず自身がヴォーカルアレンジを手掛けた「I Can't Mess With You」はスタイリスティックスのYou Are Everythingを拝借した好曲。また熱いシャウトが聴けるイヤイヤ賛歌「No More」も素晴らしい。そして日本盤ボーナストラックの「My Fault」もIsley Brosの定番“For The Love Of You”サンプリングで非常に心地良い仕上がりです。ここらはグッとクオリティ高しで大満足です。そんな事で全体的しょーもないながらも、後述の3曲が非常によろしいので買って損はないです。
「ニヴェアさん。次はイケイケ気味でPOPなのを頼んます!」
::more
2005.07
26
Category : 00's Female R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
41GT7KJAVGL.jpg

  Myaの3rdですがジャケも段々良くなって遂にmya史上最高ジャケ登場です。やはり女性のR&Bはこのビジュアルですよ!これだけで10万枚は売上嵩上げになります。レディマーマレードのPVヨロシク凄いエロチックで素晴らしいです!もう、こんな感じだと、どうしても内容をひいき目に見てしまいます。しかしながら・・何というかソウルフルな歌唱を売りにするタイプではないですが、そこそこ歌もうまいし充分にCoolでカッコいいアルバムとなってます。ガンガンのゴスペル唱法駆使の本格派やったら、ちょっと逆に拍子ぬけですし、これくらいの歌が丁度よろしいです。何せ聴きやすいんですわ。コレホント。
 アリーヤとの名仕事を彷彿させるMissy Elliottが手掛ける「My Love Is Like...Wo」から実にエエ感じでスタート。何とファーサイドのRunnin’の歌版といった趣の「Fallen」が素晴らしすぎる展開となってます。非常にカラフルな感じで色んな感じの佳作が多く含まれておりまして全体的流して聞いても心地良く聴けます。無機質にCoolに迫る「Step」 ディスコ・ビートっぽい「Sophisticated Lady」とダンス・トラックも絶好調です。しっとり系も充実ですが、特に「After The Rain」は名曲!他には、やけに色っぽいミディアム「No Sleep Tonight」、ウィスパー気味にエロ・ヴォイスを奏でる「Anatomy 1 on 1」、ピアノが効果的に鳴り響く「Taste This」あたりが小悪魔Myaの歌声とトラックのマッチングも絶妙って感じっで聴き惚れること間違いなし。レゲエ・ビート調の「Things Come & Go」ではここぞとばかりにSean Paulも絡んできますが、いつものようなデシャバリ感は控えめでしっかりMya主役キープです。これもナカナカ良い!
「裏ジャケのSEXYな視線を見ながら聴くと更に良いアルバムとなります!」
::more
2005.07
29
Category : 00's Female R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
beyonce.jpg

DIVAって言葉・・いろんな人に使われますがコノ方を差し置いては語れないのでは?ビヨンセはデスチャのNo,No,NoのPVを見て名前も知らないのに2秒でファンになって以来、ず~っと気になる存在です。完璧なSEXY系の美貌にワイルドな歌いっぷりと非の打ち所無しですが、このジャケは反則的に素晴らしくエクセレント!内容がどうであれ即効購入いたしました。エロい=COOLという私的図式の中ではど真ん中ストライクの作品なんです!
 というわけでジャケや中写真だけで既に高下駄を履いた名盤になってしまうこのアルバムですが、勿論旬のトラックや張りのある独特な歌いまわしも一級品で豪華ゲスト陣なんか無くとも良いアルバムであります。今様のトラックが並ぶ前半戦は1stカット「Crazy In Love」、Sean Paulがやかましい「Baby Boy」、「Be With You」、「Me,Myself And I」等今やお馴染みと言ってよいヒット曲がズラリ。必ず大音量で聴いて欲しい、気持ち良さ満開のトラックが連なります。
後半もPOPな感じにJay-Zがエエ感じに絡む「That's How You Like It」、今は無きLutherとも堂々タイマン勝負の「The Closer Get To You」、デスチャのリメイク「Dangerously In Love 2」、日本盤Onlyの「What's It Gonna Be」、極めつけ激ソウル隠しトラック「Daddy」等ビヨンセのOld School趣味がモロに出た曲群も前半の奇をてらった部分と良い意味で好対照の正統派で聞かせます。何にせよビヨンセ嬢の素晴らしい声が全編で堪能できるのです!余談ですがエロビデさながらのPVも音楽とは別モンで必見です。
「邪念無しに聞くには音だけで聴いとくんなはれ」
::more
2005.08
07
Category : 00's Female R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
20050807021742.jpg

 モデルのようなベッピンなローナ嬢。少女時代からTVにも出ていたそうで歌手デビュー前からショウビズ・キャリアがある言わば芸能人。といっても「第2のホイットニー」と言われただけあってナカナカの歌い手です。何せ今やEn Vogueのメンバーですもん。私が知ってる限りソロ時代のアルバムはこれ1枚ぽっきりやったと思いますが、いまや激安価格で結構売られてます。当時、レンタルしてMDで聴いてたような人も美人なフォト付きジャケで再購入がオススメです。
 そんなローナ嬢唯一のアルバムですが歌謡R&BっていうかPOPでキャッチーな曲がズラリです。歌謡曲R&Bの草分けロドニー・ジャーキンスが全編仕切っていて彼自身のレーベル1発目アーティストであったわけで良くも悪くもロドニー色の強いアルバムとなってます。彼の手掛けたトニ・ブラクストンの「He Wasn't Man Enough」のようなテイストがお好きならバッチリお気に召される事間違いなしって感じです。けどあまりに歌謡チックでローナ嬢の“黒い”歌唱で救われる曲も多いのも事実です。フォリナーの「I Want To Know What Love Is」もカヴァーしてますがコレもたいしたことない出来。むしろ歌謡曲スレスレのPop Soulに好曲があります。1stカットの「Satisfied」、ロドニー印全開で個人的に一番好きな「The Best Of Me」、前出のトニ嬢の名曲を彷彿させる「Take What Comes To You」等は好例で歌いっぷりもカッコよく気持ちよいトラックです。Japan Onlyの「Satisfied (Another Darkchild Remix)」はよりドス黒く必聴トラックとなっております。
 「まぁバリバリ美人で1/3くらいはエエ曲ですしOKちゃいまっか!?」
::more
2005.08
11
Category : 00's Female R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
maria.jpg

モニカ1stの亡霊というか・・「Before You Walk Out Of My Life」の呪縛から逃れられない私にとってソウルショックが手掛けたTeen系R&Bシンガー登場となると買わずにいられません。甘酸っぱくも腰の効いた「アノ心地良さ」は、素晴らしい交わりを味わった後にまた少し違った形で追い求めてしまう「アノ感覚」の欲求と似たようなもんです。(←なんのこっちゃ)
 てなわけでこのマリア嬢。もともと北欧出身で地元人気はあったらしくアメリカ進出盤としてコレが出たようです。声のカスレ具合・適度なコブシなどソウルショック印としては合格点です! ひとことで言えば、ソウルフル涙声系。アタマの「Lonely」では、ブランディっぽい感じもしますが、十二分に耳を惹きつける声力を見せつけます。相棒のカーリーン氏も制作に加わったゴールデンコンビによる1stシングル「I Give You Take」はサビが印象に残る佳曲。適度なループ感がカッコいい「Nowadays」や「Coffee in Bed」もソコソコいける感じですが、ミディアムの「You,Me & She」なんかがマリア嬢の本領発揮といえるベスト・マッチングな好曲。ただし、抜きどころはストリングスも効いたスローで情感たっぷりの「Intoxlcated」。コレは単純に名曲! 「アノ感覚」を想起させます。サウンドプロダクションは流石でどれもエエ感じですが肝心の曲が・・ 全体的に砂糖、大さじ1杯足らん感じなのが惜しいトコロ。
「もうちょっとキャピっといこか。なあ、ねえちゃん!」って具合ですわ。
::more
2005.08
20
Category : 00's Female R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
512WPFZPK9L.jpg

 瑞々しく美しい歌唱が魅力のTeedra嬢のデビューアルバムです。決してションベン臭くなく大人の雰囲気をも持っている女性です。スタイル抜群ってわけでも無さそうですが、何か知らん妖艶な魅力を醸し出しているところがグーです。夜景が見える部屋をバックに立つ佇まいはセレブな雰囲気も漂う綺麗なジャケも秀逸ですが、エリカ・バドゥの節回しにMary.Jの太さを加えたような声自身の魅力もナカナカの良いもんです。しっとりしたジャケとは裏腹にビートの効いたナンバーが目立ちますが、スムーズな歌いこなしは安定感抜群で実に聴きやすいものとなっています。
 レンジの広い歌声は1曲目のNas「one on one」使いの「Be Your Girl」で全開で、線は細いながらも力強く仕上げてます。続くカニエ風早回しが印象的な「You'll Never Find」はJadakissも絡みつつHip Hop 風味も上手く味付けしております。でもシンプルでアーバンなサウンドが聴きやすいミディアム「Caught Up」や「Caution」のような曲でTeedra嬢の声は断然輝きます。「Outta My Head」なんかのビヨンセの影もチラホラする曲なんかは残念ながら「しょーもなっ」と言わざるを得ません。そんな出来、不出来がわりとハッキリしたようなアルバムですが、ベストはラファエル・サディークとのデュエットとなるスロー「Take Me」で、これは会心の出来です。ファルセットも駆使したティードラ嬢のセクシーな歌声と、ラファエルのソウルフル・ヴォイスとの絡みは聴きものです。なお全編でティードラ嬢自身が曲作りから携わっているのでそれなりの統一感も感じ取れます。
「デビュー作としては上出来です。お次も期待できますな!」
::more
2005.10
03
Category : 00's Female R&B
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
300px-speace_nine.jpg



VERBAL(MC)とTAKU(DJ)からなるセンスあるプロデュース・ユニット。VERBALのラップとか声質が好きでLISA在籍時からチョコチョコ聴いております。Hip Hopに根ざしたサウンドプロダクションながらバラエティー豊かすぎる曲作りでアレンジ的にも好きな曲と嫌いな曲があったりしまが、基本的に心地良いビートとPOPな曲調は相変わらずでメジャー感バッチリです。
 このアルバムはLISA嬢が抜け2人になってからのゲスト・ヴォーカルコラボ・企画アルバムで、旬の女性Vo陣がフュチャーリングされていて話題性も充分な仕上がり。これぞm-flo調ともいえるEMYLI & YOSHIKAが加わったシングル曲「Loop In My Heart」、バスドラが気持ちよすぎの「tO yOUR bEAT」などYOSHIKA嬢は母体のSOULHEAD同様、絶妙の仕事を見せてくれます。この2曲は、従来のファンにとっても、まさにハイライトと呼べるグレイト・トラック。YOSHIKAはシングル・ヒットしたスロウ「Let Go」でも美しい声を披露。EMYLIはラッパーDiggy-MO'と共にブッ飛んだビート構築の「DOPEMAN?」、「The Other Side of Love」にも参加。他も、Soweluとの相性もバッチリの「SO EXCLUSIVE」、加藤ミリヤとの哀愁感漂うトラックが泣ける「One Day」あたりはナカナカの佳曲。ウィスパー・ヴォイスのカヒミ・カリィとの「COZMO-NAUGHTY」も面白いです。素晴らしい歌声のMonday満ちるをフュチャーした「A.D.D.P.」はハウス調が玉に瑕。そしてなんとなんとのLISA嬢との久々の合体となる「TRIPOD BABY」はグレイトの一語に尽きます!やっぱ、これやがなってなっちゃいます。そして、紅白にも登場した和田アキ子とのイケイケ曲「HEY!」も入ってます。
「進化するm-floファンには悪いけど、come againが聴きたくなる懐古盤」
::more
2005.11
19
Category : 00's Female R&B
Theme : 洋楽CDレビュー
Genre : 音楽
075596287227.jpg

キャピキャピの小娘と違って黒木瞳的アダルトオーラで魅了するTweet嬢の2nd。ミッシー・エリオットの力添えでデビューってな事もあって完全にミッシーの手のひらで唄ってるのかと思いきや、曲作り・演奏・プロデュースまでこなす才女でございます。すごく個性的な声ってわけでもないんですが何ともいえない美声で、時に力強く、時にささやくようにしなやかに歌い上げ今は亡きアリーヤを彷彿させるような瞬間もありナカナカ聴かせます。
 今作はヒットした前作に続いてミッシーが関与した今様トラックと比較的オーソドックスなトラックがバランスよく配置され、知らぬ間に虜になってしまいます。ミッシー御大も絡むまとわりつくようなビートが最高な「Turn Da Light Off」、ミーターズ使いの「Sports,Sex & Food」もHipな感覚で良いのですが、Tweetの真骨頂はむしろシンプルなトラックにあります。ソウルフルな歌いまわしが素晴らしい「You」や「My Man」、ネオソウル的トラックとも絶妙の相性を見せる「Small Change」、愛娘とのデュエットとなる「Two Of Us」等‥非常に気持ちよく聴けます!Hidden Trackの「When I Need A Man」は普通のダンストラックですが意外にTweetの力強さが浮き彫りになる好曲。
「女30代からってのは、あながち嘘でもないです!」
::more
2005.11
20
Category : 00's Female R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
leela.jpg

一瞬ミリー・ジャクソンでも間違えて買ったっけと思うほどオールドスクールの匂いプンプンの新人Leela嬢。何やらローリン・ヒルの1stを更にソウル色濃くしたような仕上がりは、やはり双方にかんでいるゴードン・ウィリアムスの仕業という事で納得です。それにしても若いのにこの貫禄!ただモンやないですわ。でないとSam Cookeの世界遺産曲のアルバムタイトルなんてつけられません。ジャケも自信満々の顔つきです。幼き頃から教会で唄いたおし、「Al Greenが目標」だとか・・何と頼もしい事でっしゃろ!
 中身は10年後にやってもエエんちゃう?っていうくらいの渋すぎる楽曲もありますが、旬のプロデューサー起用で単なる上手い歌手のソウルアルバムにはなってないのが嬉しいところ。頭の「Music」あたり結構ブルージーでオイオイ大丈夫かいなと心配しますが次なる「Good Time」でそのモヤモヤもすっきり解消。非常にカッコいいパーティーチューンでスモーキーヴォイスも冴えまくります。ラファエル・サディークが一肌脱いだ「Soul Food」、「Rain」も相性バッチリのクールファンクです。どDeepなスロー「When You Love Somebody」も新人離れした歌が凄い逸品。他にもカニエ関係2曲、ワイクリフ、エムトゥーメ等も絡みます。「A Change Is Gonna Come」はオリジナルにかなう事はないですが、堂々の唄いっぷりで好感触です。日本盤は本編ラストを飾る「Long Time Coming」のLiveも収録です。
「ローラ・リー、グラディス・ナイトの後継者はあんたで決まり!」
::more
2005.11
21
Category : 00's Female R&B
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
mimi.jpg

旦那と別れてからエロ度全開爆裂中のマライア。わりと個人的には歓迎であったのですがセールス的には反比例で悲しいかぎりでした。(そこそこイイ曲もあったのに・・)しかしながら今回はちょっと違う空気が。スロー・ミディアム・Hip Hop Soul等々じつに良いバランスでマライアの歌唱を本商品の最優先セールスポイントに持っていってるのが吉と出ております。以前の力強い歌唱も幾分戻ってきてますし、マーカス・クリンコによるジャケもエロいし、全てが整ったといえます。
 さて本盤はオリジナル仕様で、追加曲+4曲のリニューアル仕様ではないです。このお色直し商法ってどうなんですかね?アリシアやアッシャーしかり最初買った人の気持ちは無視かい!せめて500円程でアップグレード交換できるとか考えろっちゅうんじゃい!「筆まめ」でもアップグレードくらいしよるっちゅーねん!(日本も追加曲のi-tunes販売はあるかもしれませんが・・)さてボヤキはこの辺にして内容です。Hip Hop系はSnoop参加スムーズなトラックが心地良い「Say Somethin'」、カニエ印のスタイリスティックス使い「Stay The Night」、パーカッシブなトラックがたまらんNellyが絡むネプチューン発「To The Floor」等おおむね好調です。しかし白眉は'70年代ソウル風の「Circles」、「I Wish You Knew」、「Fly Like A Bird」といった曲群で堂々と正統派として聴かせます。もちろん大ヒット「We Belong Together」をはじめとするJ.デュプリのヒット性高い作品もセレブ感抜群の高水準です。日本盤ボートラの「Secretlove」もスウィズビーツがエエ仕事してます!これだけ聴き所があるのも正直久々です。
「ココに来てエロ&本業もパワー全開。めでたし、めでたし!」
::more