FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2005.06
15
Category : East Coast
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
Wu-TangClanEntertheWu-Tangalbumcover.jpg



 正に衝撃的だったウータンの1st。耳を疑った音の悪さ、誰一人欠けても体を成さない最高のMC陣、わけの解らんサンプリングセンス(←褒め言葉)、カンフー効果音の絶妙さ、どれを取っても最高でした。ちょこちょこ聴いておったHip Hopもこのアルバムによってズブズブとのめり込んでいきました。Tiger Styleという呟き(そう、あの”ウータンクランに手を出すな!”のイントロです)から始まった2回目となった全員揃い踏みの来日公演は今も語り草となる最高のステージでした。トラック&マイクリレー、Method Manの客席に剛速球で投げ込んでいた缶ビール、ライブ終了後も長時間キ○ガイ演説パフォーマンスを繰り広げたO.D.B.などなど、“aikoのカブトムシの歌詞”やないけど生涯忘れない強烈なモンでした。そこで繰り広げられた1st~2ndの今やHip Hopクラシックともいえる名作の嵐は、伝説の名盤ともなった本作中心でした。
 まず不気味な雰囲気と緊張感溢れるスクラッチも見事な「Bring Da Ruckus」から最高の幕開け。続くO.D.B~メソッド・マン~レイクォンの豪華リレーがコレ以上無いキマリ具合の「Shame On A Nigga」はグレイトの一語に尽きます。リリックも全部覚えるくらい惚れこみました。他にも聴き逃し厳禁の鳥肌もんが連発です。ドープ極まりない“wu-wu コーラス”もたまらん「Clan In Da Front」、グラディス・ナイトのサンプリングにソウルを感じる「Can It Be All So Simple」と完璧な流れ。中盤は正気で聴けない興奮の連続です。それぞれの個性溢れるMC(GZA、RZA以外全員参加)がクールすぎるトラックにバシッとはまる「Da Mystery Of Chessboxin」、勇ましいストロング・スタイル爆裂の「Wu-Tang Clan Ain't Nuthin' Ta F' Wit」、印象的すぎるスタックスのピアノ・ループが最高な出世作「C.R.E.A.M.」、4番打者メソッド・マンのテーマ・ソングともいえる「Method Man」等、大袈裟じゃなく殆どがキラートラックです。終盤も記念碑的デビューシングル「Protect Ya Neck」、またもやソウル趣味全開の「Tearz」とえげつない展開。グループの頭脳、RZAが織り成す独特のサウンド・メイキングも特筆モノです。やはりこの傑作中の傑作としか言いようのないデビューアルバムを聴くと、異彩を放つ天才O.D.B.の早すぎた死は残念でなりません。 
「ODB・・俺、アンタを見たんだよ。」
::more
2005.06
23
Category : West Side
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
5808-doggystyle.jpg

 いわゆるWest Sideのシーンから放たれた、10年以上前の作品ながら未だに影響力絶大のSnoopの1st。東海岸発が主流であったHip Hop界の流れを変えた力作で、サンプリング中心のトラックではなく打ち込みも多用されるつくりがまた新鮮であったりしました。過去のファンク系音源も弾き直しなどで生演奏も取り入れ、実に気持ち良いサウンドが全編に散りばめられています。70年代に全盛だったP-FunkをHip Hopに大胆に導入し絶妙のマッチングを見せてくれました。Slick Rickの影響下のSnoopのRapも緩急つけたナイスなモノで、ピーヒャラなトラックに実によく合います。
 さて非の打ちどころ無しの中身ですが、冒頭の「G Funk Intro」からブヨブヨシンセがカッコよく鳴り響き、名作「Gin And Juice」へ、なだれこむとこからシビレまくりの展開です。そしてイントロだけで正気でいられない「Who Am I?」でのSnoopのカッコよさ!NateDogのゆるい歌、WarrenGの客演も素晴らしいポッセカット名作「Ain't No Fun」、The Dramaticsも登場するソウル趣味満開の「Doggy Dogg World」(←ドラマティックスも直後の来日時しっかり演ってました)、そしてBernard Wrightのfunkなインストを更に進化させた「Gz And Hustlas」など、今も色褪せない名作がバシバシ入ってます。プロデュースした黒幕Dr.Dre自身も同時期に同趣向のアルバムを発表していて、そちらも必聴です。
「コレ持ってないと話にならんとまで言い切る必須作!」
::more
2005.09
27
Category : East Coast
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
088561117924.jpg

プロデュースチームとして既に第一線に君臨していたビートナッツが自らの名義で初めてドロップしたフルアルバム。(EPを入れると2枚目)ピート・ロックと比較されるように卓越したセンス溢れるJAZZサンプリング主体の東海岸発HIP HOPユニットです。メンバーのサイコ・レスが「バカどもがダサいラップで俺達のビートを台無しにしやがる」というだけあって、自らパフォーマンスする本作では音作りからラップまでマジで完璧です。ハードコア系なのでラップしてる事はセルフ・ブースト(自画自賛)や女・金・暴力・麻薬が中心です。男らしさを強調しすぎで田嶋陽子が激怒するような女性蔑視もいっぱいです。「ワル」であることがHipHopの重要な要素でもありますので目くじら立てて怒ってはいけません。ひとつのスタイルですので流しましょう。
  さて初のフル・アルバムながら3人組最後の本作。ハンク・モブレーのジャケを流用してるのも、ブルー・ノート好きのメンバーを象徴してます。各トラック、非の打ち所の無い素晴らしさなのですが、これを最後に独立したFashionの勢いあるラップが光ります。特にシングル曲でドナルド・バードを最高の形で料理した「Props Over Here」はウッドベースのループからしてシビれまくり。「Hit Me With That」など最高のFunkとしか言いようが無いです! スクラッチもイカした「Hellraiser」、ウータンのODB声サンプリングの「Straight Jacket」、スリル満点のブレイクチェンジの「2-3 Break」など、鳥肌モンがビシバシ収録。メロウ系でもMonty Alexanderの"Love And Happiness"の気持ちエエ部分をこれ以上ない形でチョップしてくれた「Let Off A Couple」と、賞賛に値するビートを構築。HipHop批判のバッツ牧師をボロカスにこき下ろす日本盤ボーナス「Dawn Of The Dead」も痛快です。
「さすがNYスパニッシュ軍団、恐ろしいほどの充実度。カニエファンも必聴です!」
::more
2005.10
02
Category : Japanese Hip Hop
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
00000604869.jpg 044.jpg


リップスライムのおいしいトコ取りベスト盤です。しかも赤塚不二夫仕様ジャケでです!日本のFunk~Hip Hopのルーツ赤塚不二夫のアートがRipの持つとぼけたファンクネスと最高のマッチングを見せます。ちなみに赤塚氏といえば「おそ松くん」、「天才バカボン」「モーレツあ太郎」等で神懸り的ナンセンスギャグ・アートを量産した天才です。(←特に後期は必見!) 師の作品はまさに登場人物からHip Hop的センス全開の痛快キャラ爆裂でイヤミ・チビ太・バカボンパパ・ニャロメ・ベシに、名前からしてファンクそのもののココロのボス・ダヨーん・うなぎいぬ等など枚挙に暇が無しです。たま~に感動的名作(←おそ松くんの「イヤミはひとり風の中」など)があるのもRipにリンクします。これほどの才能の人は全盛期の鴨川つばめ以外知りません。まさにギャグアート界のJBみたいな人なんですね~。
 閑話休題。このシングル+アルバム収録曲+新曲のグッジョブですが、ファーサイドやデラソウル系の万華鏡Hip Hopって感じで特にアルバム前半はCrazyな名曲粒揃い。「STEPPER'S DELIGHT」、「雑念エンタテイメント」、「BLUE BE-BOP」等はクラシックと呼んでいい風格。嬉しいのは初期傑作「マタ逢ウ日マデ」の収録で、とある店で耳にした時「このアーティストは誰なんや?」と迫った事を思い出します。おしむらくは歴史的哀愁名作「One」シングル(写真右参照)に収録されていた大傑作「Today」が選曲漏れしてることぐらいです。
「こんなのはHip Hopじゃないという人達の意味が分からないのココロ。By ココロのボス」
::more
2005.10
04
Category : East Coast
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
196.jpg

一時、人の曲に客演しまくっていた印象の強いTung TwistaことTwistaの大ブレイク盤。何とビルボード誌でも1位を獲得したこのアルバム、マシンガンラップ全開の好アルバムです。愛嬌のある顔で立ちまくしたてるギネス認定の世界一の早口ラップはまろやかな声質と共に意外と気持良く響き渡ります。
 バウンス系の曲もあったりしてチョッと個人的にはうっとおしい所もありますが、メディアでも露出しまくりの問答無用大ヒット「Slow Jamz」などはTwistaとJamie Foxx,Kanye West(お家芸の早回しも炸裂)が三つ巴で最高の場面を作っています。絶好調のKanye氏は「Overnight Celebrity」でも同様エエ仕事してます。N.Y.9.11事件の犠牲者に捧げた「Hope」はCee-Loが好アシスト。(コノ曲はFaith Evanth Versionも最高です)他にもメロウトラックに名曲満載でビル・ウィザーズLovely Day使いのAnthony Hamilton参加の「Sunshine」を筆頭に「Snoopin'」「Still Feels So Good」等ほんまにエエ感じです。またウェッサイ調もToo Short参加の「Pimp On」や「Drinks」がありファンクな質感がたまりまへん。平凡な出来ですがR.Kelly&J's参加の「So Sexy」ってのもあります。日本盤はボートラが3曲あり、中でもStingの曲にRemix参加の「Stolen Car」は我関せずとばかりにブチかますラップが痛快。
「何といってもメロウな曲調にマシンガンラップが絡む対比が最高。エエ曲比率高し!」
::more
2005.11
11
Category : East Coast
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
kwlrc.jpg

Hip Hopに伝統的なスタイルっていうのも変な話ですがピート・ロックやDJプレミア、RZA達が90年代に黄金期を導いた王道スタイルだとするとカニエ氏は間違いなく継承者。あのテイストを2005年なりの進化を加えてしっかりポピュラリティーをも持って表現してるのは賞賛に値します!独特のザラついた感覚に絶妙なサンプリングは一時のテディライリー並みに引っ張りだこ状態も納得のグッドジョブっぷりです。
 リーダー作としては2作目となる本作は前作で特長となっていたカニエ印の必殺技早回しこそ殆ど封印しつつも素晴らしいトラックが随所に収められてます。何といっても冒頭3曲の流れが聴いた瞬間小躍りする充実ぶりです。アダムの澄んだ歌声とナタリーコール使いのピアノ音がバスドラとビシッとかみ合う「Heard 'Em Say」、カーティスのMove On Upのテーマフレーズが心地良い「Touch The Sky」。そして大ヒットばく進の米国のグッさんJamie Foxx参加の「Gold Digger」は何とRay CharlesのI Got A Woman使いのグレイトトラックで天から天才Rayが恐山イタコの如くこの曲とコラボする為に降りてきています。迫力あるバスドラもたまりません。JAY-Z参加の1stカットの007使い「Diamond From Sierra Leone (Remix)」も話題性充分ながら前述の3曲にはかないません。新機軸となったJon Brion(Popフィールドの職人)が尽力した「Celebration」を始めとするストリングスアレンジ等は綺麗すぎてどうなんやろ?って感じです。日本盤はQ-TipやCommonも参加の早回し炸裂名作「We Can Make It Better」等2曲ボートラも収録で買い得盤です。
「あまり大物になりすぎて仰々しいトラックが増殖しない事だけ今後祈願!」
::more
2006.03
29
Category : East Coast
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
E10000826.jpg



 その昔、ソウルトレインでパフォーマンスしてるのを見て一発で気に入ったグループ。ATCQやDe La Soul等ニュースクール系台頭の'90年代初頭に時を同じくして登場し非凡なセンスで完全にノックアウトされました。Nice&Smoothで名を馳せたオウサム2がバックアップしたファンクなサンプリング・サウンドとエドの繰り広げる野太いラップは相性抜群で今聴いても最高です。この時期の東海岸(N.Y.)発のサンプリングセンスを競ったCoolなグルーヴは「ネタが何か?」というよりも「どんだけ気持ちエエか」に主眼が置かれてる感じでヴォリュームを上げれば上げるほど昇天できること間違いなしです。ちなみにこの人等はボストンの人ですが・・
 さてこの1stですが正にクラシックといって差し支えない天晴れな内容で「しょーもないから飛ばしたれ」という箇所が一切無いのが凄いところ。エレピ音が実にCoolな「Speak Upon It」、ブルルルンとフックが印象的な「Feel Like A Nut」、もう完璧と言っていい「I Got To Have It」、Snoopでもおなじみのバーナード・ライト傑作グルーヴ引用の「She Said It Was Creat」と前半からしびれっぱなしです。後半はロイ・エアーズ使い「Be A Father To Your Child」をメロウに決め、怒涛のラストです。アーチ・ベル使い「Bug-A-Boo」からタイトル曲「Life Of A Kid In The Ghetto」はやみつき必至の極上グルーヴで何回でもリピートしちゃう傑作2連発です。
「とりあえず車でもヘッドフォンでもエエし爆音で聴いてください!」
::more
2006.04
23
Category : East Coast
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
418.jpg

 「One Day It'll All Make Sense」以来、秀作連発で目が離せないシカゴの星コモンの6枚目。今アルバムは何と言ってもカニエ・ウェストが全面的に関与したヒップホップ原点回帰といえるロウでソウルフルなトラックが全体を支配してるところがたまりません。カニエのカレッジ・ドロップアウトの兄弟アルバムというかエレピの味付けやらサンプリングのざらつき感といい、実に渋くもカッコええサウンドとラップで一気に聴かせてくれます。まあ何せこの二人のコラボは揚げ物とビールくらい相性抜群でちょっと最近のHip Hopではありえないくらい聴きまくりの美味しい音でした。
 最初からグッとくるウッドベースループに絶妙にストリングスを絡めた「Be (Intro)」で激シビレです。浮遊感あるエレピと淡々と跳ねるビートが何とも心地良い「Go!」、カニエ18番早回しがビシッと決まる中に何とBilalとJohn Legendが同時に参戦するソウルフル満点な「Faithful」と前半で勝利を確信する上質の安定感を見せます。中盤も惜しくも故人となったJay Deeのプロデュースする渋い「Love Is...」からスクラッチもクールに決まる「Chi-City」、緊張感あるトラックも素晴らしい「The Food」と鳥肌モンの流れが待ち受けます。しかも最後までだれません!再び登場のJohn Legendのフックも印象的な「They Say」や次作もやって欲しかったと思わせるこれまたJay Deeの哀愁漂う名仕事「It's Your World」とマジで駄作なしの大傑作です。
「こういうHip Hopが聴きたかったんやと思わず叫ぶ1枚。至福の時間が過ごせること間違いなし」
::more
2006.05
28
Category : West Side
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
Friday.jpg



アイス・キューブが90年代半ばに主演したコメディ映画のサントラ。映画の方は必見とは言いませんが、日常生活のドタバタを描いたストーリーでコレがバカらしくて結構笑えます。劇中に使われた音源も結構収録されているこのサントラは、西海岸のHip Hop勢の当時の新曲中心で秀作も数多く聴き逃せません。映画に関係なく楽しめる良質コンピとして充分成立している1枚です。
 この時期、俳優業のニュースばかり目立っていたIce Cubeのタイトルトラック「Friday」でスタート。重々しいファンク調トラックに貫禄あるラップが決まります。そしてG-Funk創成期でイケイケだったDr.DreKeep Their Heads Ringin'」は自らラップするウェッサイ調で実にエエ感じ。ThreatCypress HillMack 10と実にドープなトラックが続きますが中盤からウェッサイ勢の師匠登場となる大御所コーナーとなります。この頃グングン再評価されてきたThe Isley BrothersTryin' To See Another Day」はとりわけ出色の出来でチョッパーベースを絡めた心地良いファンクで最高です。続くBootsy Collins & Bernie WorrellYou Got Me Wide Open」も二人の御馴染みのアノ音が存在感抜群のスロウ・ファンクといった趣きで共同プロデュースのIce Cubeのナイスなセンスも垣間見れる傑作。(本盤には本人の趣味モロ出しのRick JamesRose RoyseRogerといったクラシック曲も3曲収録) 後半はウェッサイ勢がビシッと決めます。キレぶりがかなりヤバいサイプレス・ヒルの弟分FunkdoobiestSuperhoes」、非常にクールなTha AlkaholiksCoast Ⅱ Coast」、そして緊張感溢れるファンク調トラックに攻撃的なラップが無茶苦茶カッコイイE-A-SkiBlast If I Have To」に至っては本アルバムのハイライトといえる素晴らしさ。でもマイアミ系の2 Live Crewだけはどうしても勘弁してくれって感じです。
「アイス・キューブの趣味全開の、ファンク大御所とウェッサイ勢がうまく同居した好盤」
::more
2006.05
29
Category : East Coast
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
032.jpg

'90年代初頭、Hip Hopのアルバムで初めて買ったのが多分これ。Run-D.M.C.でRapの存在を知りつつMTVでガンガン流れても、友達がL.L. Cool Jを勧めようとも殆ど無関心で心を動かされることが無かったのに彼等のせいで又散財の対象物がまたひとつ増えました。それまで過去の音楽の焼き直し(サンプリング)やしRap自体に「メロディ」も無いから誰がやっても一緒のクリエイティヴなモノからかけ離れた音楽と思ってたのが、いざ聴き始めると何とクリエイティヴでCoolな音楽なこと!それぞれのMCの特徴的なフロウや、スリルを増す音としてのスクラッチ、音なら何でも呑みこむサンプリングの妙・センスが俄然魅力的に感じ「なんや、ファンクの進化形やったんや」と思うようになりました。ワン・グルーヴの中毒性を極めた側面も持ったHip Hopは行き詰まってたSoul,Funkに風穴をあけた救世主やったんすな。
 さてNaughtyの再デビューとなるこの1st。まずOther People's Pussyの略である「O.P.P.」にブチのめされます。Jackson 5のABCをサンプリングしたPopなトラックにTreachの歯切れの良いラップが絶妙で、一般チャートでも大ヒットする歓迎ぶりでした。私と名前も似ていて親近感バッチリのKaygeeが最高のトラックを構築しており、無駄を抑えたピアノフレーズ、ぶっといベース、音圧満点のドラムと完璧です。今でもこの曲のイントロを聴いただけでアドレナリン大放出です。最近もJaheim等でエエ仕事ぶりは健在です。他にもBob Marleyの名曲を流用した「Everything's Gonna Be Alright」、Ohio Playersサンプリングの「Everyday All Day」、Devotionネタの「Rhyme'll Shine On」、リラックスグルーヴの「Thankx For Sleepwalking」等気持ち良い音満載です。
「ニュージャージーの星が放つキャッチーな音は今でも充分聴けまっせ」
::more
2006.06
10
Category : Japanese Hip Hop
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
pow_old_jac_013.jpg grateful.jpg
B00004TCZ2_01_MZZZZZZZ.jpg sugar_garden.jpg

The Best of Dragon Ash with Changes Vol. 2 - Dragon Ash

  最近、あまりに幅広い音楽性に正直ついていけなくなったKJ率いるドラゴンアッシュ。ラウド・グランジ系と思いきや、ドラムンベース、トランスみたいのにトライしたりで何でもアリってな感じですが、個人的好みでいうと最もHip Hopに接近していたコノ時期のシングルは格好エエ曲が連なってます。パクリだとか未熟だとか言われてましたがそれは売れすぎた時の勲章みたいなもんで、オレンジレンジなんかとはレベルが違う次元で単純に素晴らしいトラックを構築しています。
 そんなドラゴンアッシュですがアルバムはとっ散らかした印象なので秀逸なREMIXも入ったマキシシングルです。まずDJ.BOTSをメンバーに加え4人組になった記念すべきブレイクシングル「Let Yourself Go,Let Myself Go」はBotsのターンテーブルも効果的に絡めたHip Hop感溢れるグレイトナンバー。KJのリリックもポジティブ且つ素直なもので、全編鳴り続けるサンプリングフレーズと哀愁あるコード進行が絶妙です。そして売れに売れた「Greateful Days」もHip Hop界の重鎮ZEEBRAや歌姫ACOも参加の泣きの傑作で、まだガナりだす前のKJのRAPも冴えてます。特にZEEBRAの素晴らしいリリックは印象的でダウンタウンのパロディや、カラオケでも替えラップが流行ったりもするほどのブレイクぶりでした。そして更に進化した作品を突きつけてきたのが、なんとラッパ我リヤとのコラポを実現させた激Coolナンバー「Deep Impact」。定番Average White BandのSchool Boy Crushネタでこのネタ使用曲は大概好きであったりしますが、Heavyなギターも乗っけた上にQと山田マンの主役食いまくりのラップが痛快でマジ最高です。同時期に出たSugar SoulGarden」もDragon Ash的名作でゲスト参加のKJがバシバシのラップをきめてます。このHip Hop3部作の後は、盟友であったはずのZEEBRAにディスられたり、バンドも違った方向に向かい出し興味が薄れていきました。
「この路線で突っ走ったドラゴン・アッシュも見たかったもんですな」
::more
2006.06
26
Category : West Side
Theme : HIPHOP,R&B,REGGAE
Genre : 音楽
ssss.jpg

 いまやグラミー賞にノミネートされるほどBigな存在となったL.A.出身のお豆さんチーム。エレファンクからのメジャー感からはまた違ったネイティブ・タン的音づくりが非常にエエ感じのデビューアルバムです。実際、最初聴いた時はウィルのラップなんかQ-ティップに似たとこもあったりしてATCQやファーサイドの流れで受け入れることができ、「コレはええぞ!」と喜んでました。しかしながら、既に今の姿の片鱗はしっかり存在しており、よく聴くと実にカラフルな音作りとなってます。打ち込みやらサンプリングやらハモンド、フェンダーローズ、ベース等の生音を巧にミックスして実に心地良いビートを構築しています。
 中身は頭から3人がそれぞれジャジーなトラックにのって軽快にライミングしていく「Fallin' Up」、ミーターズ使いの「Clap Your Hands」と素晴らしい流れ。そしていきなりハイライトといえる「Joints & Jam」です。ハモンド音も効果的なATCQの影響も感じる実にカッコええトラックで初期の傑作といえる最高のトラック。その後も生ドラムがド迫力な「Movemennt」、ギターが主導する展開も印象的な「Say Goodbye」、ファンキー・フォー・ジャマイカ使いの「What It Is」、引っ掛かる感じビートにMacy Grayのメロディが絡む「Love Won't Wait」、ルーズな感じのビートから緊迫感溢れる急展開を見せるラストの「Positivity」までアイデア豊富な流れは飽きることなく聴けます。今のBEPからしたら、ちょっと地味ですがそれがまたエエんですわ。渋くもHip Hopの王道的な部分に立脚したスタイルは好感度抜群です!
「アンダーグラウンド的に見せかけキャッチーなふりかけをまぶしまくった感じ。才能満載ですわ。」
::more