FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (89)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.09
25
Category : 60's UK Beat
Theme : 洋楽ロック
Genre : 音楽
TheBeatles_Anthology1.jpg



 今から20年ほど前、かなり評判となったビートルズのアンソロジー・プロジェクト。それというのも驚愕となった「Free as a Bird」なる新曲が収録されたから。勿論ジョンはすでにいなかったので、ジョンの残した77年のデモ・テープに、ポール、ジョージ、リンゴの3人がオーバーダブを施し、ジェフ・リンが手を貸して仕上げたシロモノ。斜に構えることなく聴くと、ほんとイイ曲です。ジョンのヴォーカルからポールのブリッジ部分、ジョージのスライドと、90年代にビートルズが現役だったらこんな感じだったかも、と想像できそうな優しいメロディです。
 目玉の新曲以外は歴史を追った資料的内容で、ビートルズを全て聴き尽くした人向きのマニアックで掘り下げたもの。過去にブートレッグ等で有名な音源だったらしい音も多数収録です。The Quarry Men(ビートルズの前身)による58年のSP録音で、手本としていたというバディ・ホリーThat'll Be The Day」から始まり、スチュアート・サトクリフがベースでいた頃のホーム・レコーディングや、トニー・シェリダンのバック・バンド時代と下積み時代の音源がピックアップされて聴けます。シェリダンとの「My Bonnie」や、ジョンのVoで聴けるジーン・ヴィンセントAin't She Sweet」あたりは音も良くてカッコいい演奏。そしていよいよ62年1月のデッカ・オーディション音源で、お得意コースターズの「Searchin'」に「Three Cool Cats」、ポールの「Like Dreamers Do」、ジョンの「Hello Little Girl」と、ほぼ1stと地続きの演奏。デビューきっかけとなる6月パーロフォン・オーディションではジョン、ポール、ジョージにピート・ベストがドラムで、レパートリーだった「Besame Mucho」に、デビュー曲となる「Love Me Do」が登場。そしてデビュー決定となり、リンゴが参加となった「How Do You Do It?」、アンディ・ホワイトが叩いた「Please Please Me」、「One After 909」の初期ヴァージョン、放送用音源でのカール・パーキンスLend Me Your Comb」と続きますが、白眉は63年ストックホルムでのラジオ・ライヴ5曲。ここでの「I Saw Her Standing There」、「From Me To You」、「Money」、「You Really Got A Hold On Me」、「Roll Over Beethoven」は4人が強靭なR&Rバンドであった裏付ける必須パフォーマンス。後半はイギリス王室コンサート、コメディ番組“マーカム&ワイズ・ショウ”、エド・サリヴァン・ショー等のライヴ・テイクからの収録が続きます。そしてグッと耳を惹きつけるのが3rdでのセッション。R&B度を増した「Can't Buy Me Love」や「You Can't Do That」の別テイク、「And I Love Her」のバンド感溢れる初期テイクなど、素晴らしき演奏です。TV特番アラウンド・ザ・ビートルズでの「Long Tall Sally」、アイズレーBrosShout」なんかも迫力ある演奏で必須です。ジョージの未発表曲「You Know What To Do」に続いては、大好きな“フォー・セール”セッションで〆。別テイクの「Eight Days A Week」、激熱の「Kansas City/ Hey! Hey! Hey! Hey!」、お蔵入りとなったリトル・ウィリー・ジョンのカヴァー「Leave My Kitten Alone」はクオリティの高い演奏で興奮必至。
「資料価値以上の聴き逃せない熱い演奏もあり。R&Rファンはスルー厳禁!」

Free As A Bird



Leave My Kitten Alone



Live Stockholm 1963


Comment

非公開コメント

No title

これが出たときは
いろいろな意味で驚きました!
Free As A Birdももちろん(^^)!

Free As A BirdのPVは
いつ見ても胸が熱くなります。
憎い演出ですよね(><)!!

No title

★波野井さん
 Free As A BirdのPV、よくできてますよね。
 この曲は結構好きです。
 アンソロジーはいろいろ入ってますので
 好きな曲だけ抜いてプレイリストにしてます!